早い方が得?外国語教育は0歳からはじめよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
                

みなさんの中には、英語を話したいけどなかなか上達しない。そんな方も多いのではないでしょうか。外国語を学ぶには、とても長い時間と労力がかかるということはみなさんご承知のはずです。ネイティブの人たちはあんなにすらすら会話ができるのになぜ私たちはできないんだろう・・・。これにもちゃんと理由があるのです。ここでは外国語教育をする上で押さえておきたいポイントをご紹介します。

言語野と母国語

専門家の諸説によると、人間の脳の中の言語野(会話をつかさどる部分)は6歳前後で大体できあがります。この言語野が作られるまでに覚えた言語が、その人にとっての母国語になるのです。この時期までに覚えた言語と、この後に覚えた言語では、根本的に脳の使い方が異なってくると言います。母国語として覚えた言語の学習スピードは、その後も効率的になり、処理能力も高いといいます。中学校から英語を学び始めた日本人と、母国語として英語にふれてきたネイティブスピーカーは、根本的に脳の構造が異なるということになりますね。

 

赤ちゃんは音に敏感

以前の記事で、幼児教育には五感を使った経験が大事だということをお話しました。そして言語を学ぶという点で注目したいのが、聴力です。赤ちゃんのリスニング力にはすさまじいものがあります。私たち日本人がよく苦手と言われる「l」と「r」の発音の違いも、生まれたばかりの赤ちゃんには簡単に聞き分けられるのです。赤ちゃんの音情報の吸収力はとても優秀で、この時期にふれた言語の発音は将来容易に聞き取れるようになります。したがって、もし子どもに英語を学ばせたいのであれば、赤ちゃんの頃から音に重点を置いたトレーニングをすると効果的です。

 

幼児期の外国語教育の注意点

このように、幼児にとって音を使った外国語教育は効果的です。よく、「あまり早くから始めてしまうと混乱してしまうのではないか」と心配する声があがりますが、実際にそのような例はないと言います。ですが以下のことに注意しておきましょう。

  • 母国語を愛することを忘れないこと
  • カセットやラジオに頼りすぎず、ちゃんと声で語りかけること。

いくら英語を教えたいからといって、母国語である日本語を粗末にしてしまうのは良いことだとは言えません。普段はしっかりと日本語で話しかけ、赤ちゃんに接してあげましょう。また赤ちゃんはラジオやカセットテープなどの録音した音声よりも、肉声に敏感です。ネイティブの声を聴かせるために録音素材を使うのはやむを得ないと思いますが、それでも基本はちゃんと語りかけて外国語を教えることをわすれないようにしましょう。

 

幼児用の英語教室は限られている

筆者も子どもにために、幼児から通える英語教室を探しました。しかし、思っていたよりも幼児から入れる英会話教室はありません。有名なところだとミネルヴァやイーオンと言ったものがありますが、それでも多くの選択肢はありません。いくら幼児用の教室を開催していたとしても、先生の相性やテンション、そのような点で必ず体験受講をしてみましょう。たいていのクラスでは体験受講をやっています。

また英語教室に通っているからといって、英語教育が十分だと考えない方が良いでしょう。週1のクラスでも、子どもが英語に触れられる機会は週に30分~1時間だけです。やはり家で英語に多くふれることの方が筆者は大切だと考えます。たとえ英語教室に通い始めたとしても、家でその予習・復習をする中で、パパ・ママも一緒に子どもと英語にふれていくようにしましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA