子どもの前で大丈夫?親のスマホとの上手な付き合い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
                

日本人口の約7割が所持している携帯やスマートフォン。

現代では、『なくてはならないもののひとつ』となってきています。

そんな中、

・子どもを連れて出かけているものの、親はスマホを見て子どもから目を離している。

・子どもと一緒にいてもスマホばかり見ている人。

こんな姿を目にすることも多くなってきました。

「じゃあ、子どもがいるからスマホを見てはいけないの?」

そんな声が飛んできそうですが、携帯やスマホは育児中のママにとって、

周りと繋がる架け橋のひとつであり、

コミュニケーションツールであり、

育児の不安をやストレスを取り除いたり軽減してくれるものでもあります。

この核家族が中心となり、情報社会の時代に生きているからこそ、携帯やスマホは必需品です。

先日、こんなショックな記事が出ました。

「親は自分よりスマホの方が大切なんだ…と感じている子どもが約2割いる。」

-記事の概要はこちら 朝日新聞より-

この記事を見て、筆者も子育て中の身であり、ぞっとしたのを覚えています。

心当たりがある人は多いのではないでしょうか?

実は、アメリカでは日本の親に比べるともっとスマホを見る時間が長いのに、

「親はスマホの方が大切」と感じている子どもは6%にとどまっていました。

親のスマホとの上手な付き合い方を守っていくことにより、

子どもが「大切にされている、愛されている」と思ってもらえるようになっていきたいですね。

親とスマホの上手な付き合い方についてご紹介していきます。

子どもが今やっていることを調べているふりをする

緊急時の連絡や、忘れないように連絡をしておかないといけないこともありますよね。

そんな時でも、スマホを触っている姿は子どももみています。

相手に失礼のないように、メールの内容を確認しているときでも、

子どもは「ママ見てー!こっちきてー!」と注意を惹こうとします。

そんな時には、子どもがそっちのけになった気持ちにならない為の方法があります。

それは、『今、子どもがしていることを調べるふりをする』です。

例えば、絵本を見ているときにスマホで連絡をしなくてはいけなくなったら、

ちょっとこの絵本に出てくる虫を調べてみるね!なんて言ってみましょう。

子どもは、無視されていると感じることもなく待っていてくれるでしょう。

もちろん用事が済んだら調べてあげてくださいね。

メリハリをつけるようにする

笑顔 楽しい 夏 子供 遊ぶ 男の子 女の子 幼児 屋外 空 子ども 小学生 元気 笑う 外 雲 ジャンプ 跳ぶ 飛ぶ イメージ chappy人物

次に、ママの育児と家事、そしてスマホを触る時間のメリハリをつけるようにしましょう。

ダラダラとスマホを見ていませんか?

それは、子育てよりも大切で、今しなくてはいけないことですか?

ママやパパのストレス発散の為にもスマホを見るのは悪い事ではありませんが、

子どもが成長しているこの瞬間を見逃して、後で後悔しないかも考えてみてください。

ここで言う、メリハリというのは、例えば、子どもと思い切り遊んで眠った後に、

今度は自分の時間を思い切り楽しむというようなことです。

子どもと遊んでいる途中や寝かしつけのときにスマホを見ていると、

子どもにかまってよ~と言われイライラしてしまうかもしれません。

それよりは、目一杯子どもと関わって子育てを楽しみ、

子どもを寝かしつけながら一緒に触れ合い、

そして誰にも何も言われずスマホを使うほうがストレスもたまらないですね。

緊急時以外は、子どもが寝ているときや居ない時にスマホを使うように心がけてみましょう。

スマホ禁止タイマーを使う

トーク メール 話す スマートフォン スマホ タブレット 操作 ライン 会話 青空 送信 受信 女性 手 仕事 連絡 テクノロジー チャット ブログ コメント いいね ソーシャルネット インターネット ビジネス

ついついスマホを手に取ってしまう、アプリを始めると時間がすぐに過ぎるなどで悩んでいるときは

スマホ禁止タイマーやタイマーロック、アプリストッパ―など

スマホを長時間使用することを防ぐためのアプリをダウンロードしてみましょう。

実際に、1日でどれくらい自分がスマホを見ているのか知る機会にもなりますし、

依存気味で悩んでいるときにはスマホがシャットダウンしたり知らせてくれたりするので便利です。

自分のスマホ依存度を知るためにも、一度試してみてください。

依存症を感じたら思い切ってガラケーに戻す

最終的な手段ですが、どうしてもスマホから離れられないと感じた人には、

思い切ってガラケーに戻してみることをおすすめします。

依存症を感じて悩むことだけでも、前に一歩踏み出していると思います。

ガラケーにすることで、ラインなどのSNSから解放され、

またアプリゲームもダウンロードできる種類が限られてくるので、自然と依存が緩和されます。

思い切った手ではありますが、子育て中だけでも変えてみてはいかがでしょうか?

スマホは子どもよりも大切か、一度立ち止まって考えて

お花 花 子ども 子供 こども 女の子 笑う 楽しい 笑顔 春 黄色 mdfk023

育児には悩みも付きもので、スマホなどに頼ってしまいがちですが、

一度立ち止まって、自分とスマホの付き合い方は大丈夫か考えてみてください。

少しやばいかな?と感じたら、今からでも遅くないので変えていきましょう。

ママのスマホになりたい」という絵本をご存知ですか?

子どもの立場で親のスマホ依存の姿を描いているので、ハッとさせられます。

子どもからの目線も考えてこれからスマホと上手に付き合っていきたいものですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。