叱ると怒るは違う?子どもに伝わる叱り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
                
親が子どものために環境を作る

育児をされているなら、子どもに対して、一度は叱ったことはありますよね?やってはダメなこと、危険なこと、いろんな理由で叱ることがあると思いますが、どんなふうに叱っていますか?どうしても怒りをぶつけてしまっていませんか?
育児をしていると、いろんなトラブルがあったり、ストレスに感じたりすることが多いですよね。親がイライラしてしまい、つい怒ってしまう。でも、本当に叱らなければならないとき、怒りをぶつけてしまっては、伝えたいことがなかなか伝わらないことも。ここでは、効果的に伝わる、子どもの叱り方について、まとめてみます。

 

1 「怒る」とは感情をぶつけること

とても大切なことですが、「怒る」というのは、親が子どもに対して、感情をぶつけていることにほかなりません。親が怒ることで子どもは驚き、おびえ、こわがるなど、それらの反応を示し、その場では従順な態度をとろうとします。そして親は、自分の言っていることを聞いたのだと理解します。
ところが、子どもは、注意を受けたということと同時に、抑圧や恐れなどの感情も持ってしまうことで、叱られた理由を考えるよりも、ただ「これをしたら怒られる」と学んでしまいます。
また、子どもは親から受けたことを覚え、自らが実行してしまいます。例えば自分の妹に対し、してはいけないことをしてしまった場合に、親がするように怒ってしまいます。またそれが間違いではないと学んでしまっているのです。


2 「叱る」とは、間違いを正すこと

本来、子どもを叱るのは、子どもがよくないこと、間違ったことをしてしまったときに、それを良くないことであるなどと理解させ、正しい方向を示すことです。
なお、この意味で言えば、「叱責」とは意味が異なってきます。「叱責」は、「叱る」という感じが含まれていますが、「しかりとがめること(広辞苑)」つまり責める・非難するという意味が含まれているからです。
しかし、とっさのことであったり、ストレスがたまっていたりすると、冷静になんて考えている余裕もなく、怒りを出してしまうことはありますよね。自分の気持ちや感情を出してしまう、避けようのないシチュエーションのようでもあります。
望ましい「叱る」とは、このような感情をむき出しにして叱るのではなく、あくまで冷静に行うことでしょう。

3 子どもに「怒ってはいけない」わけではない

子どもに対して、必ずしも怒ってはいけないわけではありません。
親としてだけではなく、一人の大人、家族として、気持ちを伝えることは場合によっては必要です。
その場合は、自分としての気持ちを伝えましょう。
例えば、「お母さんはこういうことをするのは嫌だな」というふうに、自分の考えとして述べることです。

4 怒らないためには

さて、なかなか難しいことではありますが、怒らずに叱るためにはどのようなコツがあるでしょうか。
いくつか例示してみます。

(1)腹が立った時、数秒数えてみる

腹が立てば、衝動的に感情を出してしまいがちですよね。しかしここで、数秒間、数を数えてみましょう。本では、6秒数えてみましょうなどと書かれています。いったん、数を数えることに神経を向け、わずかでも時間を置くことで、気持ちが落ち着く効果があります。

(2)相手の言動の理由を考えてみる

子どもがとっさに発言したことや行動に対して、感情的に怒るのは、相手の考えを否定してしまうことにつながってしまいます。まずは、なぜそんな言動をしたのかを理解しようという気持ちをもって、考えてみます。

(3)正しいことを伝えることを第一に考える

少し理屈的ですが、子どもに大切なことを理解してもらいたい、そのことを念頭に置いて、次の言葉を探してみましょう。

これらのことはいずれも、腹が立った時に冷静に考えるための方法だといえます。

5 まとめ

いかがでしたか?腹が立った時は、どうしても怒鳴ってしまったり、感情的に叱ってしまったりしますよね。かくいう筆者も経験がたくさんあります。でも、時には、上記の方法を試してみてはいかがでしょうか。筆者もうまくいくときもありますので、ぜひ、取り組んでみてください。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。