家事を時短したいママへ!生協の宅配サービスを使ってみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
                

家事の時間の節約をしたい子育て中のママ、小さな赤ちゃんがいて、なかなか外出できないママ達から支持されている生協の宅配サービス。家族が増えると、買い物の量も増え、子連れでの買い物は購入したものを持ち帰るだけでも大変ですね。生協の宅配サービスは、そんなママ達にとって救世主的存在!自宅にいながら、食材や日用品を購入することができるサービスです。

生協の宅配サービスって?

全国の自治体にある生協(Coop)が行なう宅配サービスで、取扱商品は生鮮食品からお菓子・日用雑貨・化粧品・などを自宅にいながら購入することができるサービスです。
配布されるカタログの中から、欲しい品物を選び注文用紙やインターネットから注文し、締切日の1週間後に商品が届きます。
1週間分の買い物を、まとめてすることができるので無駄な買い物を減らすことができます。

細かいサービス内容や取扱商品などは生協によって異なりますが、基本的には同じ。生協の宅配サービスを利用するメリット・デメリットを紹介します。

メリット

 

1.スーパーに行かずに買い物ができる

生協の宅配サービスに加入する一番の理由です。子育てに忙しいママにとっては、買い物に行く時間の節約にもなりますし、重たいものも玄関先まで運んでくれるので、お米やビール・飲料水などの買い置きにも便利です。
また、自宅でカタログを見ながら注文できるので食品の産地や使われている添加物をしっかりと確認して買い物をすることができます。
注文もパソコンやスマホからできるので、手が空いた時間で行うことができます。



2.食材セットや下ごしらえ済の商品が離乳食にも使えて便利

生協オリジナルの食材セットは、カットされた野菜と肉・魚類、さらに調味料までがセットになったもの。届いたらママは炒めるだけ、煮るだけで一品完成します。夕飯の支度は時間がかかる家事なので、とても助かりますね。
生協によって異なりますが、数種類のメニューが用意されていますし毎週変わるので飽きることもありません。
また、離乳食に便利なうらごし済野菜やアレルギー対応の食品など、子育てママに嬉しい商品ラインナップも人気の秘密です。

3.食の安全性が高い

食品の品質や安全性についも、生協全体においてしっかりとした品質管理への取り組みが行われています。具体的な取り組み内容は、各生協によって異なります。
国産材料・添加物や遺伝子組み替え作物は使用しない・放射能検査を独自基準で行うなど、通常の生協よりも厳しい安全基準で食品の取り扱いをしている生協もあります。少し割高になりますが子育てママからは指示を集めています。
特に離乳食に使う食材には敏感になってしまいますね。
こういった食材をスーパーで探すのはとても手間がかかりますが、生協を利用すれば家でカタログを見ながら選ぶことができ、とても便利です。
オーガニックスーパーで売っている商品って高いですよね。もちろん、販売されているものの品質は素晴らしいのですが普段使いにはちょっとという値段の商品も多くあります。

食の安全にこだわった生協団体は、国産の原材料を使用し、添加物を使わない商品を独自に開発行っています。生協オリジナルのプライベートブランドなのでお手頃価格で手に入れることができます。

食の安全にこだわるなら、生活クラブ、パルシステム、自然派などの生協もおすすめです。

4.無駄買いを抑えられる

自宅で必要なものだけ注文することができるので、スーパーでのついで買いを防ぐことができます。
毎日スーパーに行っていると、絶対に必要じゃないものまで買ってしまいますよね。子供がお菓子を買ってとおねだりしてくることもあります。
スーパーに行く回数が減ると、自然と無駄な買い物を減らすことができます。

使えば使うほど、生協の魅力を感じれるはず!
ですが、生協もメリットだけではありません。

デメリット

 

1. 商品代以外にかかるお金がある

・配送料

生協の宅配サービスは、一度の配送につき、配送料ががかかります。200円前後の生協団体がほとんどですが、スーパーで買い物をすればかからないものです。

子育て中の世帯だと1年間配送料が無料または半額になる生協や、グループ宅配を利用すれば無料になる生協もあるので、うまく利用すれば配送料をかけず利用することも可能です。

・出資金

加入時にかかるお金です。金額は1000円という生協が多いですが、それ以上必要な生協もあります。
生協は、加入している組合員さんの出資金を元に運営を行っています。
加入している組合員さんが条件なので、退会する際には全額返金されるので安心してくださいね。
また、生協によっては少額ですが月ごとに増資が必要な生協もありますので確認しておきましょう。知らないうちに、配送・または月ごとに引かれている場合もあります。

2. 地域ごとに生協が異なるので、引越した場合加入のし直しが必要

全国に生協はありますが、地域によって異なった団体です。
引越しの場合は、加入していた生協を退会し、引越し先で入り直す必要があります。生協によっては、関東エリアのみ、関西エリアのみの生協もあるので同じグループの生協には入れない場合もあります。

3.頼んだものがすぐに届かない

一般的なスケジュールとしては、カタログ到着の1週間後に注文が締め切られます。その一週間後に商品が届くというのが基本のスケジュール。
カタログが到着した日から、2週間後に商品が届きます。
慣れないうちは、商品が到着するまでにスーパーで買い物をしてしまったり戸惑うかもしれません。
注文したものをメモしておいて、何が届くか把握しておくといいですね。
インターネットで注文できる生協も増えてきました。
このようなサービスを利用すれば、注文した商品がメールで届くので同じものをスーパーで買ってしまうということも防げます。

デメリットといっても、配送のタイミングは慣れてしまえば気になりませんし、配送料も微々たるものなので買い物に行く手間を考えると大したことないように思います。

家事の時間を節約したいママ、子供に安全な食材を食べてもらいたいママに生協の宅配サービスはおすすめです。それぞれにご家庭に合わせて、サービスを選べるのも嬉しいですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。