子ども向け!おすすめのプログラミング教材6選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
                

子どもの習い事のランキング上位に入ってきたプログラミング。いざ、学習させようと思っていても何をどうして良いのか分からないご家庭も多いようです。2020年度からは文部科学省が小学校で必修化が決定されました。現代は情報社会となり、プログラミングを通して基礎知識を蓄え将来の仕事などでも活かすことに繋がっていきます。また、プログラミングを学習することにより、思考力・創造力などを高め、完成したときには達成感なども得ることができます。そんなプログラミングですが、ご自宅でも子どもたちが挑戦できる教材があるので、おすすめの教材をご紹介します。

レゴ WeDo2.0 for home

5歳から始めるプログラミングロボットです。工具なしでレゴブロックでロボットを組み立てることができるので小さなお子様でも安心して遊ばせることができ、ブロック遊びの延長線上にあるので入りやすい教材です。プログラミングもドラッグとドロップだけで簡単にでき、ワークブックもついているので取り組みやすく人気です。ロボットの組み立ても好きな形にできるので、いろいろなアイデアが浮かんできそうです。

ソビーゴ

2017年の春に発売された3歳から遊ぶことができるロボット・ブロックプログラミングです。記号化されたコマンドが描いてあるブロックを繋げて組み立てることでロボットに指令を出すことができます。文字ではなく絵で動きを知ることができるので3歳からでも取り組みやすくなっています。ブロックで組み立てを学習し、その後タブレットやPCを使ってプログラミングをするとキャラクターを動かすことができます。初めてのプログラミング学習にもおすすめの教材です。

プログラミン

文部科学省が運営しているサイトで、ユーザー登録なしですぐに遊ぶことができます。好きな形のイラストを選び、プログラミングによりその絵を動かすことができます。可愛いデザインで、コマンドもわかりやすく年長から小学校低学年からでも遊ぶことができます。無料でできるので教材を購入する前にプログラミングを知りたいというご家庭にもおすすめです。

KOOV

半透明でカラフルなブロックを使ってブロック遊びをしながらロボットを作ることができます。白い基盤とブロックを繋ぎ、プログラムを基盤に送ることでロボットを動かす仕組みです。自分の作ったブロックをインターネットに登録すると世界中の利用者と繋がることができインターネット上でコミュニケーションをとることもできます。世界に一つだけの素敵なロボットを作って、世界と繋がってみるのはいかがでしょうか?

Osmo Cording

iPadなどのアプリケーションと連携して遊べるプログラミング教材で、他の教材と違う点はプログラミングをブロックで行うということです。矢印やイラストで描かれているブロックを並べてタップし液晶の中のキャラクターを動かすことができます。動きをいくつも繋げて一連の流れを作ることもできるのでテレビゲームとはまた違った遊びができます。PCに向かってプログラミングをするわけではないので、兄弟やお友だちと一緒にプログラミングを楽しむこともできます。

Scratch

こちらも無料のプログラミング学習ができるネット教材です。マサチューセッツ工科大学のメディアラボが開発したプログラミング教材で、分かりやすいイラストとプログラミングが特徴です。慣れてきたら物語やアニメなどを作成し発信することもできるので幅広い年代に親しまれています。ソビーゴと同じく、こちらもプログラミングのとっかかりとしておすすめの教材です。

 

色々なプログラミングの教材があるので、お子様の年齢や興味・関心に合わせて選んでみてください。また、値段が高くてなかなか手が出せないご家庭でも、今ではご紹介したような無料のプログラミングのネット教材やアプリケーションもありますので挑戦するのも良いでしょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。