将来の視野を広げるために!子どもと行っておくべき場所6選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
                

子どもが将来どんな仕事に就くでしょう?親ならば,期待とともに,そんなことを考えたりしますよね。そのために進路や塾のことで頭を悩ませたりもするのですが…しかし,子どもが将来どのような道に進むか,いずれその日が来たときのために,幅広い視野を備えさせることも大切です。
そこで,子供の将来の視野を広げるために,子どもと行っておくべき場所6選をご紹介します。

1 キッザニア

キッザニアは,子どもが仕事体験できる施設です。楽しみながら,仕事をする世界を知る・学ぶことができる,「こどもが主役の街」とされています。
ここに作られている街は,実際の約2/3の子どもサイズ! ここで体験できる仕事やサービスは,なんと100種類もあります。体験は一日で2部に分かれ,第1部(9:00~15:00)と第2部(16:00~21:00)があります。保護者の方は,ガラス越しかモニター越しで,子どもの仕事体験の様子を見学することができます。キッザニアは,「キッザニア東京」と「キッザニア甲子園」の2施設が利用できます。
・キッザニア東京
住所:東京都江東区豊洲2-4-9 アーバンドック ららぽーと豊洲 ノースポート3階
予約方法:ホームページ又は電話(0570-06-4646)
HP:http://www.kidzania.jp/tokyo/
・キッザニア甲子園
住所:兵庫県西宮市甲子園八番町1-100 ららぽーと甲子園
予約方法:ホームページ又は電話(0570-06-4343)
HP:http://www.kidzania.jp/koshien/

2 国会議事堂

次は国会議事堂です。国の動き,立法の世界を感じられます。実際に見学できるのは参議院の見学となりますが,参議院本会議場や御休所,中央広間,前庭へと,約60分間コースでの見学ができます。また,参観者用のパンフレットも用意されています。
住所:東京都千代田区永田町1-7-1
参観実施日:平日午前9時から毎正時より案内,午後16時まで。土日祝,年末年始休み。
電話:03-5521-7445
HP:http://www.sangiin.go.jp/japanese/taiken/bochou/kengaku.html (国会体験・見学のページ)



3 気象庁 気象科学館

地球のダイナミックさを感じ,日々の生活にも深く関係する気象。 気象庁が設置する気象科学館では,天気,地震,津波,火山などに関する情報や防災に関する展示があり,気象全般について,体験的に学ぶことができる施設です。天気予報のしくみや,地球温暖化,海洋観測のほか,ミニシアターや体験コーナーがあり,楽しく学べそうです。
住所:〒100-8122 東京都千代田区大手町1-3-4 気象庁1階
電話:03-3212-8341(気象庁総務課)
営業:開館10時~16時,入場料無料,予約不要,休館は年末年始
土日,祝日は,気象予報士が常駐し,説明を行っています。
HP:http://www.jma.go.jp/jma/kishou/intro/kagakukan.html (気象科学館見学のページ)

4 飛行機工場(ANA工場・JAL工場)見学

飛行機工場の見学です!ここではANAとJALの工場を両方オススメしています。いずれも,機体整備工場にて本物の飛行機を間近に見ながら,飛行機の点検・整備の様子を見学できるほか,整備などに関するビデオ鑑賞や整備士など経験のある方による説明があり,飛行機の世界をより身近に感じることができます。
①ANA工場
住所:東京都大田区羽田空港3-5-4
見学実施日:平日(土日祝,年末年始は休),午前:10時~午後:13時~,所要時間90分
申込方法:1週間前までに,電話またはメールにて予約受付
電話:03-6700-2222
②JAL工場
住所:東京都大田区羽田空港3-5-1
見学実施日:年中無休,午前:10時~午後:13時~(全4回),所要時間90分
申込方法:予約フォームにて申込み
電話:03-5756-1155

5 広島平和記念資料館(又は長崎原爆資料館ほか)

広島は,1945年8月6日,人類史上初めて原爆という核兵器により被ばくした場所です。戦争の恐ろしさ,悲惨さを後世に伝えていく重要な役割を持つ施設であり,子どもの成長においてもぜひ学ぶべきところでしょう。付近には,爆心地間近で被爆した原爆ドームがあります。なお,広島被爆の3日後に同じく原爆が落とされた長崎市にも,原爆資料館や,平和記念公園があります。
・広島平和記念資料館
住所:広島市中区中島町1-2
開館:年末12/30・31以外開館,開館時間は季節で異なる
電話:082-241-4004(総合案内)
※原爆ドームは,柵の外からの見学となります。

6 JAXA 宇宙航空研究開発機構

最後は,もっともスケールの大きい,宇宙を知る・学ぶ施設です。JAXAは,日本における宇宙開発利用の中枢センターとして活動しています。JAXAって九州の種子島じゃないの?と思うかもしれませんが,実は本州,北海道にも施設があるんです。ここでは,筑波宇宙センターをご紹介します。
筑波宇宙センターは,筑波研究学園都市にあり,約53万平方メートルという広大な敷地に,最新の試験設備を備えている施設です。展示館では,実物大の人工衛星や,ロケットエンジン(実物)など迫力のある展示を見学することができます。見学は自由見学のほか,説明員によるガイド(無料)があり,1日5回実施されています。(原則として10:00,11:00,13:00,14:00,15:00)
筑波宇宙センター
住所:茨城県つくば市千現2-1-1
休館日:月曜日(不定期)、年末年始(12/29 ~ 1/3),施設点検日等
見学案内係 029-868-2023(10:00~16:30 ※休館日を除く)
HP:http://fanfun.jaxa.jp/visit/tsukuba/ (JAXA 筑波宇宙センターのページ)



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。