団体競技よりおすすめ?子どもに個人競技をさせる6つのメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
                

みなさんは子どもにスポーツや運動をさせていますか?親としても好きなスポーツをやらせたくなりますよね。昔は野球、今ではサッカーなど団体でやるスポーツが人気です。しかし筆者は、あえて子どもの頃は「個人競技」をやらせることをおすすめします。実は個人競技には、スポーツだけでなく、人生で必要となるスキルを学ぶタネがあるのです。

 

子どもに個人競技をさせる6つのメリット

1.自分のペースで練習ができる

団体競技だと、チームメイトがいないとなかなか練習できなかったりしますよね。しかし個人競技は自分ひとりで練習できるものが多いのです。したがって、自分が好きな時に好きなだけ練習できます。他のやりたいこと・やらなければいけないこととの兼ね合いを考え、自分のペースで時間を使うことができます。一方で自己管理能力を高めていくことができます。

2.他の子によるプレッシャーを避けられる

筆者にも実体験がありますが、団体競技のチームメンバーにはさまざまな性格を持った子がいます。気弱な子や威勢のいい子などさまざまです。そんな状況下でいろいろなチームメイトとコミュニケーションを学んでいけることは団体競技のメリットとも言えます。一方で、気の弱い子や自分のペースでやりたい子にとっては、他の子の威圧・プレッシャーを受けることにより自信を喪失につながってしまうこともあるのです。一方で個人競技は、自分のペースで進めるこどができ、自己を確立しやすい環境に自分を置くことができます。

3.自分の自信につながる

もし競技で表彰されたりなど、成果が目に見えるようになった時。どの成果はまぎれもなくその子の自分の力による成果だと言えます。苦労して努力した末に、結果に結びつけばその子にとって大きな自信になるでしょう。この自信はその競技に限らず、さまざまな分野で努力するモチベーションにつながるでしょう。結果は努力についていくるということを人生の早い段階で学べば、きっとその子の人生は楽しくなるはずです。

4.問題が明確になりやすい

団体競技だと、チーム連携がうまくいかなかったり、個人の技術が低かったりなど、さまざまな理由で結果に結びつかないことがあります。このようなとき、どこに問題があるかをさぐり、その問題を取り除くためのアクションが必要となります。しかし団体競技はその問題点が個人にあるのかチームにあるのかがわかりにくい場合、問題を明確にするのが困難な場合があります。他のチームメイトの問題点が、自分のせいにされてしまったり、また逆に、自分の問題点を他のチームメイトのせいにしてしまったり、といった問題点があります。

しかし個人競技において成果が出せない場合、その問題点は自分にあります。自分のどこに問題点があるかを探さなければいけませんが、少なくとも範囲は自分自身に限られるのです。問題が明確になれば、その問題へのアプローチがしやすくなり、解決につながりやすくなります。

5.PDCAを身につけやすい

問題が明確にした後、工夫や努力によってその問題を乗り越えることが必須なのです。その際まずは仮説を立てて計画し(Plan)、その計画にもとづいた行動を行います。(Do) たとえばテニスしていて、なかなか狙い通りにショットを打てない場合、「フォームが問題かもしれないからフォームを修正してみよう。」とか「打点が問題かもしれないから打点を変えてみよう・・・。」といった具合にさまざまな仮説と行動を考えられるでしょう。そしてそれらの仮説と行動が正しいかをチェックし(Check)、そこから改善する(Action)必要があります。

このPDCA(Plan-Do-Check-Action)サイクルは、スポーツだけでなく日常生活やビジネスにも求められるのです。すでに述べたように個人競技は問題点が発見しやすく、その問題点を解決するPDCAも自分自身で行えます。したがってPDCAによる改善が表れやすいのです。

6.自分を客観視する力が養われる

PDCAサイクルにおいて、自分が立てた計画にもとづいて行動を起こした際、その行動が妥当であるかチェックする力が問われます。このチェックで必要なのは物事を正しくつかむ力、そして自分を客観的に見る力です。PDCAにおいては、失敗しないことが重要なのではありません。失敗は大いにすべきです。その失敗から何を見つけ軌道修正をしていく力を身につけることが大切です。そのためにも自分の行動をチェックする力がとても重要です。

子どもと見たいおすすめアニメ

何かの夢に向かって努力する際、どんなことであってもPDCAサイクルが求められます。そういった視点で筆者がおすすめしたいアニメをご紹介します。どのように努力して成果をあげているかというプロセスをしっかり描いている作品をピックアップしました。

ベイビーステップ

ベイビーステップ Vol.1 [DVD]

従来のテニス漫画と言えば、テニスの王子様など派手なアクションで話題を呼んでいるものが主流ですが、ベイビーステップの面白いところは、テニス未経験の主人公が実践と分析を繰り返しどんどんテニスが上達する様を見ることができる点です。最新のトレーニングやコンディションの整え方などプロテニスプレイヤーが実際にやっていることに即していて、リアリティがあります。これからテニスを始めたいと思う人に向いているアニメかもしれません。

バクマン。

バクマン。 1stシリーズ DVD-SET

スポーツではないですが、夢に向かって努力していく様を表した作品としておすすめです。主人公たちは漫画家を目指して努力していきます。この作品も、主人公たちがどのようにして魅力的な作品、人気のある作品を作っていけるかを考え分析し、実践しながらステップアップしていきます。筆者にとって漫画家がどのように葛藤し作品を作っていくかというプロセスを垣間見ることのできた初めての作品でした。もし子どもが漫画家を目指したいと思ったときはきっと大きなヒントになるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA