何歳差で産むと楽?年子・2歳〜4歳差育児のメリットとデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
                

一人目のお子さんの子育ても落ち着いて、そろそろ2人目を・・・と考えた時、何歳差で産もうか悩みますよね。最近は一人っ子家庭も多いですが、親としては2人以上は欲しい!と思う方も多いはず。お子さんにとっても、弟、妹が産まれるのは素晴らしい経験です。子供は授かりものなので、何歳差で産んでも変わりないのですが、兄弟(姉妹)の年齢差、気になりますよね。今回は、年子〜4歳差育児についてまとめてみました。

年子のメリット・デメリット

昔は多かったものの、今は年子の兄弟(姉妹)は少なくなっています。上の子の誕生月にもよりますが、0歳児の間に第二子を授からないといけません。
最近では、母乳育児を推進する産婦人科も多く、次の妊娠までに時間がかかるのか年子を妊娠するのは大変!といった印象です。手のかかる0歳児の間に妊娠期間を迎えるのは大変ですが、まだ自我の発達が未熟なうちに、妊娠・出産を終えてしまえば産んだ後は楽かもしれませんね。
オムツは2人分、抱っこも2人だなんて!と思うかもしれませんが、一気に子育てが終わるので、大きくなってしまえばとても楽。兄弟(姉妹)の年齢が近いので、一緒に遊べることも多いですし、幼稚園や小学校も一緒に通えるので大きくなってしまえば楽なのが年子育児のメリットだと思います。

2歳差育児のメリット・デメリット

兄弟(姉妹)が欲しいママたちから最も人気の年齢差がこの2歳差です!2歳といえばイヤイヤ期。イヤイヤ期に出産なんて・・・と思うかもしれませんが、年子と同様、大変なすぎてしまえば一気に育児が落ち着きます。自我が芽生え始める頃に妊娠、そして出産。授乳やオムツ替えに忙しい乳児期に、上の子はイヤイヤ期真っ只中。考えるだけでもゾッとしますが、それでも人気の年齢差なんですね。上のお子さんが落ち着いて、すぐにしたのお子さんの出産となると、ママは休む間もありません。。ですが、年齢が近いので、スライド式に上の子のお下がりがすぐ使えたり、ベビーゲートもつけたままにできたり、ベビーベッドやバウンサーなど、しまうことなくそのまま使うことができます。
二人目のお子さんまでに、時間が空いてしまった場合は収納する場所にも困りますよね。大きくなってからは、子供達は一緒によく遊びます。喧嘩ももちろん多いですが、本気でぶつかり合い、一緒に成長していけることから人気の年齢差です。
デメリットとしては、上の子が保育園に通っていない場合の妊娠中です。つわりでしんどくても、上の子が家にいるので相手をしたり、お世話をしなくてはいけません。ママは、辛くても休めないので周りに助けてもらえる人が助けてもらって乗り切りましょう!


3歳差育児のメリット・デメリット

3歳も年齢が離れると、下の子の子育ても楽なのでは?と思いますがそんなことはありません。幼稚園に行き出す年齢ですが、まだまだママに甘えたい3歳児。出産後は、赤ちゃん返りが予想されるので上のお子さんのケアに気をつけてあげてください。3歳だから・・・と思いがちですが、まだまだ3歳です。敏感な子は妊娠中からママの変化を感じ取って赤ちゃん返りすることも。3歳も年齢が離れているので、下の子の成長につれて上の子さんも成長して行きます。少しすれば、上のお子さんが下のお子さんの面倒を見てくれるようにもなります。
就学・進学に関しては、行事が重なる可能性が。入学・卒業が同じ年にあるので、予定の調整が大変です。また、費用面でも出費が重なるので計画的に貯蓄をするようにしましょう。

4歳差育児のメリット・デメリット

妊娠中は、上のお子さんは3歳。ようやく育児が落ち着いてきた頃でしょうか。オムツも外れ、着替えや身支度など、少しずつ自分でできるようになってきた年齢です。ママやパパとの会話もしっかりと成り立ちますし、赤ちゃんが産まれることも、しっかりと理解できる年齢です。妊娠中も、話せばわかってくれることもあるので比較的楽かもしれません。まだまだ甘えたいお子さんも多いので、しっかりと向き合うことは忘れずに。表面では赤ちゃんの誕生を待ち望んでいるように見えても、心の奥ではまだまだママやパパを独り占めしたいと思っている子もいます。産まれた後の生活は他の年齢差に比べるとスムーズに行くことが多いよう。ある程度自分でできるので、ママは下の子のお世話を中心に生活することができます。ただ、上の子の幼稚園・保育園の送り迎えや運動会などの行事へ、赤ちゃんを連れていかなければなりません。まだ小さい場合、感染症など気になってしまいますね。
上の子が小学校に上がっても、下の子はまだ2歳なので手のかかる時期。小学校行事をどうこなすかが、課題になりそうです。
また、年齢が離れているので、遊びが違います。特に性別が異なると、あまり一緒に遊ばないということも。ママとしては、兄弟(姉妹)仲良く成長して欲しいと思うのでこの年齢差だと少し悩みますね。お子さんの性格によっても異なるので、全く遊ばないと一概に言うことはできませんが、4歳差育児を考えた時のデメリットでもあります。

最後に

各年齢差、それぞれにメリットデメリットがありますが、どの年齢差でも、上のお子さんは下に妹や弟が産まれると不安になります。それは、何歳差でも変わらないのでママ・パパはもう○歳なんだから、と言わずに上のお子さんのケアをしっかりとしてあげてくださいね。お金の悩み、喧嘩の悩み、兄弟(姉妹)の性格の違いなど、どの年齢差でも悩みはつきません。家族が増えるのですから、デメリットもメリットに変えていけるよう、2人兄弟(姉妹)の子育てを楽しんでくださいね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。