これでバッチリ!小学校高学年の自由研究テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
                

小学校の自由研究は、高学年ともなると、シンプルすぎるものや易しすぎるものは、本人が嫌がることもあります。かといって、工夫を凝らしすぎて途中で投げ出されても困りものですね。
ここでは、小学校高学年向けの自由研究テーマについて、その探し方や、テーマの例について、いくつかご紹介します。高学年ともなれば、ちょっと手の込んだものも作れるので、ご両親の手伝いがいもあるかも?

1 テーマ:集める・図鑑化する

社会科の授業で学んだことなどを応用して、街中で探したり、調べてみるのもおもしろいです。
例えば、

  • 街中にあるユニバーサルデザインを探してみる。
    まずはユニバーサルデザインの定義を確認し、街の中でどのようなデザインがあるかを探して回ります。(施設や店舗の中では、撮影できるかどうかを事前に問い合わせておきましょう)
  • いろいろな彗星・流星群について調べる。

彗星の仕組みや、どういった軌道を通るのか、地球に近づくのはどの時期か、今年の流星群の特徴などをまとめます。夏休みなどで流星群が見られるチャンスがあれば、撮影にチャレンジしてみるのもいいでしょう。天体望遠鏡があれば、デジタルカメラを接眼レンズに装着して撮影する方法もありますので、検討されてはどうでしょうか。

 

2 テーマ:図式化、一覧化、系列化する

つながりのあるもの、流れのあるものなどを図式化し、それぞれについて図書館などで調べるなどして、詳しくまとめてみます。
例えば、

  • 江戸幕府を開いた徳川家の家系図を作り、その中からいくつかの人物をピックアップして、その人物のエピソードなどをまとめる。
    あるいは、時代ごとの偉人、有名人などを年表とともに並べていく、というのも面白そうですね
  • 油の種類と特徴についてまとめる。

原油から精製される様々な油の種類とともに、沸点や比重などの特徴、用途などをまとめる。また、原油以外から作られる油についてもまとめてみるのもいいですね。特に食用油がありますが、ごま油、菜種油、オリーブオイル、アマニ油、ココナッツオイルなどがあります。こちらは、油ごとの特徴とあわせて、どのような調理に向いているとか、食味などについてもまとめるといいと思います。

といったものがあります。


 

3 テーマ:作る

作る自由研究では、複雑な仕組みのものにもチャレンジしてはいかがでしょうか。
例えば、

 

  • 段ボール迷路
    段ボールを使って、迷路を作ります。壁も段ボールで仕切り、ビー玉やピンポン玉を使って遊びます。落とし穴や、坂を作ったりすると、難易度のあるものが作れます。
  • 昔のおもちゃを作ってみる
    コマや羽子板、凧、けん玉、竹とんぼ、竹馬など、昔作られていたものを作ってみます。ご両親も作って遊ぶのに夢中になってしまうかも?
    木材を切ったり加工する場合は、近くのホームセンターで道具を借りたり、工作室が備えてあったりしますので、ぜひ活用してみましょう。

また、紙や粘土、段ボールだけでなく、いろんなものを材料にしてみましょう。
例えば、

  • 笹の葉で作る笹舟や、どんぐりで作るやじろべえ
    これもまた昔懐かしい遊びですね。単に笹舟ややじろべえを作るだけでなく、箱庭を作って池の絵の上に笹舟を並べたり、段ボールの上に塔を二つ作り、その間に2mmほどの幅のある紐を渡し、やじろべえを載せるなどすると、作品として仕上がりそうです。
  • 豆電球とキッチンペーパーやトイレットペーパーの芯を使った竹ろうそく
    これはキッチンペーパーなどの芯を竹に見立てて作ります。芯を斜めにカットすれば竹のような感じに。これを段ボールなどの上に固定し、内部に豆電球を配線します。電池、電池ケース、スイッチが別途必要です。芯にいろんなデザインや色を付けると、幻想的な作品に仕上がりますね。

4 テーマ:実験する・調べる

実験するもの・調べるものでは、いろんな道具を活用してみます。
例えば、

  • さまざまな液体のpH(ペーハー)などを調べてまとめる
    雨水、川や池の水、自宅の水、酢、お酒など、さまざまな液体の酸・アルカリ度を調べます。
    pHはpH試験紙で調べることができますが、パックテストのキットがあれば、pHでなく、水の汚れ具合なども調べることができます。pH試験紙やパックテストのキットは、通販や薬局で手に入ります。
  • 電気の通り方を調べる
    身近にあるはさみ、鉛筆(の芯)、箸、アルミサッシ、木、水、果物など、さまざまなものについて、電気の通り方を調べます。
    豆電球をつなぐ方法もありますが、思い切って簡易的でも電流計を用意すると、より正確な数値が測れます。

いかがでしたか?小学校高学年向けになると、少し難しい内容のものにも取り組めそうです。お子さんと一緒にアイデアを考えながら、チャレンジしてみるのも楽しいでしょう。
頑張った作品が教室に並べられるのを見るのも、達成感があるかも?
ぜひ、自由研究に取り組むにあたり、これらのテーマ例を参考にしていただければと思います。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。