子どものお小遣いの管理はどうする?かしこい計画のしかた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
                

子どもにお小遣いをあげていますか?友達がもらっているからお小遣い欲しい,買いたいものがある,あるいは親の方から,お金を使う事を学ばせるためにお小遣い制を始めた,など,さまざまな動機やきっかけがあるでしょう。大人は欲しいものがあっても,収入や予算,貯蓄などを考えて買うかどうかを検討しますが,子どもにはそのような概念・考え方を身に着けていません。
では,お小遣いを上手に管理して,賢く使う事を学ばせるにはどのようにしたらいいでしょうか。ここでは,子どものお小遣いの管理や使う計画を上手に学ばせる方法について,ご紹介します。

1 未就学児(5~6歳)向け

未就学児の場合は,数の概念への理解がまだ難しい年齢です。1から100までの数字が言えるようになったら,おおよそ100円程度のお菓子や文房具などの購入と,それ以上のおもちゃなどの購入に分けて考えるといいでしょう。100円~1000円までのお菓子や文房具については,購入する頻度も考慮しながら,必要なものを都度判断して買うようにして,1000円を超える金額の使い方を中心に,学ばせましょう。

(1)お小遣いをあげるタイミングは?

この年齢では,毎月お小遣いをもらって,貯めていくという感覚は持ちにくいようです。いろいろなイベントに合わせて,まとめて渡す形をとるというのがよいでしょう。例えば,お年玉や誕生日,入卒園や進学などのイベントで,お祝い金として渡します。

(2)管理は?
この年齢では,自己管理は難しいと思われるので,実際には親が保管するか,お子さん名義の銀行に入金するかの方法となるでしょう。または,図書カードなどの金券という形もあるでしょう。
(3)使う計画はどう立てる?
子ども向け番組やCM,子ども向け雑誌などで知ったり,お店で見つけたりして,欲しいものがはっきりしてくる年齢でもあります。しかし,自分の欲しいものがあっても,それが高額であるかどうか,あるいは予算と比較して買えるのかなど,価値感覚はまだ持てていないため,ある程度大人がサポートする必要があります。例えば,お年玉で1万円あげるとします。その1万円で,一年間何を買ってどれだけ貯めるのかを,子どもと話し合います。もし子どもが以前から欲しいものがあれば,今年はそれを買って,残りは貯金しようか?とか,あともう一つ,絵本を買おうか?という風に,提案型の話し合いがよいでしょう。


2 小学生低学年以上

小学生低学年以上になると,千,万の単位までの概念が分かり,お金を使うことについて理解がしやすくなります。お小遣いの意義や使う計画などを理解しながら学ばせる効果が期待できます。

(1)お小遣いをあげるタイミングは?
お金の計算ができるようになるため,買いたいものの金額に達するまでお小遣いを貯める,という目標設定と実行ができるようになります。毎月一定額をあげる場合や,お手伝いなどのご褒美としてのお小遣い,お祝い金,お年玉などがあるでしょう。
ただし,毎月小遣い制とする場合は,金額について十分に検討すべきでしょう。毎月お金をもらうということは,毎月それだけのお金を使う事も可能となりますので,使い過ぎが懸念されます。年齢に応じてお小遣いの額を決めましょう。

(2)管理は?
1万円単位の大きな金額であれば,大人が預金するなど管理して,子どもが自分で買い物などができるようであれば,数千円程度であれば自分の財布で管理させるなどもいいでしょう。ただし,日頃出かける際は,大きな金額は持ち出さないよう気を付けた方がいいでしょう。

(3)使う計画は?
お金の使い方が理解できてくるので,使おうと思えばいくらでも使ってしまうかもしれません。欲しいものがおもちゃだけでなく,スポーツグッズや趣味の物など種類や範囲が広くなってきます。そうすると,自分が買いたいものの優先順位をつけなければならないでしょう。
例えば,お年玉のうち1万円について,今年一年で,これとこれ,という風に計画したり,毎月のお小遣いで何かを買うなら,4か月分貯めてから買おう,といった計画もあるでしょう。
これらの計画は,ある程度条件を大人が提示して,子どもが意思決定できるのではないでしょうか。

いかがでしたか?子どものお小遣いについては,その額やあげるタイミング,管理や使い方などに悩まれることがあるかもしれません。これらの一例を参考に,子どもが積極的に考える機会をもってみてはいかがでしょうか?

いかがでしたか?設置場所や用途に応じて,さまざまな暖房器具がありますので,ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。