意外に楽勝!?ママ友を見つける3つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
                

初めての子育てに奮闘しているママ。

初めての子育てってわからないことばかりだし、赤ちゃんの月齢が低い時って

意思疎通もできないし、特に孤独を感じませんでしたか?

 

赤ちゃんはまだ会話もできないし、話す相手と言えば旦那さんばかり。

そんな頼みの綱の旦那さんも、仕事であまり家にいなかったり、

子どもの様子や悩みを話してみても、いまいち共感を得ることができなくて

逆にフラストレーションが溜まったり……。

 

そんな時、「気軽に相談できるママ友がいたらなあ。」と思ったことはありませんか?

やっと少し育児に慣れてきて、外出もできるようになるとなおさら

ママ友とのお出かけやランチにも憧れるものですね。

 

しかし「ママ友がいない」という悩みは、特に1人目のお子さんを持つママには多いもの。

 

ですが安心して下さい。

ママ友を見つける方法って、意外にたくさんあるんですよ。

筆者の体験談を含め、ご紹介します。

 

 

①ネット上で見つける。

近年何かと話題に上がる「SNS」をご存知でしょうか。

Social Network Service(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の略で

フェイスブックやインスタグラムなどの様にインターネットを通じて

日記やメッセージを投稿し、仲間と共有するというサービスです。

 

「友達作り」というと、本人と対面しないとできないものと思いがちですが

現代ではこんな方法でママ友を見つける方も多いのです。

 

例えばインスタグラムやツイッターで、子育て専用の投稿をするアカウントを作ると

同じようなアカウントを持っている人からメッセージがきたり、フォローされたりすることもあります。

逆もしかりで、「子育て」「生後○ヶ月(自分の子どもの月齢)」など

気になるキーワードで検索し、出てきた人にメッセージを送ったり

フォローをしたりすると、そこから交友関係が生まれることもあります。

 

デメリットとして、(本人が公開していなければ)顔や年齢などの本人情報が不明だったり

直接会って出かけたりおしゃべりしたりすることが難しいという点がありますが、

だからこそ気軽に愚痴を言えたり質問できたりというメリットもあります。

 

②支援センターや児童館で見つける。

新生児期を過ぎると、赤ちゃんと一緒にお出かけできるようになります。

まず行っていただきたいのが、子育て支援センターです。

 

子育て支援センターとは、簡単に言うと

子どもの遊び場が提供されている他、育児相談や保育施設情報など

ママのための情報が揃っている場所です。

 

いまいち実態がわからず行きにくい場所というイメージを持つ方も多いと思いますが、

身構えることはありません。

 

「初めてきました」と言うと、スタッフの方が施設の案内をしてくれる他

その時来ている、同じくらいの月齢の子がいるママと引き合わせてくれることもあります。

その場で話が弾み、友達になれることもありますし、何回も通っているうちに

顔見知りのママができるのでいつの間にか友達に、なんていうパターンもあります。

 

児童館も同様です。

多くの児童館では週1回程度、「乳幼児クラブ」と言って

リズム遊びやベビーマッサージを行う、赤ちゃんの為のクラブ活動があります。

赤ちゃんの発達を促すためにも役立ちますし、それに入ればほぼ確実に

顔なじみのママができるので、ママ友作りにはもってこいです。

 

③市区町村の催し物に参加する。

SNSは怖いし、支援センターや児童館のような場所も苦手。

でもママ友は欲しい。という方もいらっしゃるかと思います。

 

そんな時は、区役所に電話してみてください。

そのまま正直に「ママ友が欲しい」ということを告げればOKです。

子育て支援のためのママ同士の集まりが定期的に開催されている地域も多いので

問い合わせをすると自分に合った催し物を案内してもらえます。

 

例えば筆者が住んでいる区では、生後6カ月までの子どもを持つママを対象にした

少人数制のママ会がありました。

それに筆者は参加したのですが、みんな自分の悩みを人に共有したい、ママ友が欲しい、と思って参加している人たちなので、相談や愚痴も言いやすい空気が作られていましたし

話が止まっても進行役の職員がリードしてくれるので、

自分が頑張らなくてもスムーズにお喋りを楽しむことができました。

 

中には、無料で託児サービス付きの催し物があることもあります。

ぜひ一度地域の役所に問い合わせをしてみてください。

 

催し物がなかった場合でも、自分の悩みや不安に寄り添ってくれるようなサービスや

相談窓口を紹介してくれます。

 

ひとりで抱え込まないで!仲間はたくさんいます。

いかがでしたか?

このように、ママ友を見つける方法は多くあります。

 

大切なのは、「自分の力だけで何とかしようとしないこと」です。

ほんの少し勇気を出してたった一声、周りに呼びかけたら

手を貸してくれる人がたくさんいます。

同じ気持ちを持っているママが、たくさんいます。

 

ママ友を見つけることに関しても同様です。

友達作りだって、誰かに手伝ってもらっても良いのです。

 

SNSで呟いてみたり、支援センターに行ってみたり、役所に電話をしてみたり

助けを求める方法はたくさんあります。

 

まずはできることから、少しずつ始めてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA