もうすぐハロウィン!家族や友だちと一緒に仮装を楽しもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
                

近年シーズンのイベントとして定着してきたハロウィン。

色々な施設や町のイベントとして仮装大会や仮装してのウォーキングイベントなどが開催される予定です。ご家族の思い出作りやお友だちと一緒に参加される方も多いでしょう。

さて、いざ仮装をしようと決めても、お店に販売されている仮装では、周りとかぶってしまう可能性もありますし、さらにお値段も高いものが多いので衣装を購入するとなると経済的にも痛手となりがちです。そこでおうちで安価で本格的なコスチュームの手作りアイデアをご紹介します。

2017年の仮装の人気予想

まずは、今年のハロウィンの仮装の人気予想から見ていきましょう。

女性に人気なのは、去年に引き続き『ゾンビ』『キョンシー』の仮装です。さらに今年、注目されているのは7月に映画が上映された『怪盗グルーのミニオン大脱走』から、ミニオンの仮装をする方も多いでしょう。『美女と野獣』やジブリの新作『メアリと魔女の花』のメアリも注目です。人気芸人の仮装をする方も毎年おり、今年は『ブルゾンちえみ』さんが多く現れそうです。

このように2017年のトレンドを取り入れた仮装でも良いですし、ご自身が大好きなものに仮装するのも楽しそうです。では、仮装について詳しくご紹介していきます。

ゾンビ仮装の作ってみよう

ゾンビの仮装は、汚れた服や破れた布など実際に汚れたり不必要となったものを再利用できるのがポイントです!

古くなった白シャツやネルシャツなどを裂くように破きましょう。そして、血や汚れを表現するために絵の具や土などを使って、さらに衣装を汚します。これだけでもゾンビ感が漂ってきます。衣装が完成したら、次はゾンビらしい傷を顔や手などに作りましょう。水彩ペンでできる簡単な方法があるのでこちらおすすめです。

これなら簡単なので、子どもたちと一緒に家にあるものでゾンビの仮装が完成します。危ない作業などほとんどないので、ご家族で作ってみると楽しい時間が過ごせるでしょう。

手作りできる?ミニオンの仮装

小さな子どもから大人まで仮装できるミニオンの衣装もおうちで作ってみましょう。用意するものは、フード付きの黄色のシャツ、黒い手袋、黒い靴、ゴーグル、オーバーオールです。おうちにない場合は他のもので代用してください。黄色のシャツはフードが無ければ、黄色のニット帽などに置き換えるなどして簡単に手に入るものに変更できます。黄色のフード部分に黒い毛糸で髪の毛を付け、オーバーオールの胸当たりにミニオンのマークを入れてあげれば完成です。

 

 

 

 

Despicably Cute and Easy Minion Costume by NotSoIdleHands.comミニオンの特徴的なゴーグルはなかなかお店では手に入らないので、このようにキッチンペーパーやトイレットペーパーの芯を使って手作りすることもできます。ゴーグルなどを嫌がるお子様には、事前にフード部分にフェルトなどでゴーグルを作って付けてあげてもよいでしょう。

 

 

 

 

水切りネットで可愛い衣装が作れる

100円ショップやホームセンターにある水切りネット。実はこれでひらひらと可愛いチュチュのスカートが作れます。オレンジや黒の水切りネットで作ってみるとハロウィンらしさ漂うスカートが完成です。ウエストのゴムと、水切りネットが1袋あれば、可愛いチュチュができます。ネットを裂いて編むように繋げていくので、簡単な作業です。ご家族やお友だちと一緒に作ってみましょう。

ハロウィンメイクに挑戦!

ハロウィンの仮装は、メイクも注目されています。

目の周りをアイシャドウで黒く塗って「ゾンビメイク」、先程の水性ペンで描ける傷を顔に入れても良いでしょう。また、アイライナーで蜘蛛の巣や猫ひげを描くのも流行っています。口角の横に1本線を引いて縦にラインをいれると「口裂け女」のようになります。普段のお化粧品で子どもたちの顔もメイクアップしてあげると、仮装に対しても特別感がわき、とても喜びます。

終わった後はしっかりとメイク落としで落としてあげてください。

足りない小物は100円ショップでゲット

衣装もメイクも完成したけど、何か物足りないと感じたら、100円ショップに足を運んでみましょう。ダイソーやセリアなど、9月に入るとハロウィングッズがたくさん並んでいます。例えば、かぼちゃのバッグ、カチューシャ、ネイル等。その中でも人気なのがこの網タイツです。

普段履きにはできませんが、衣装のパワーアップとしてとても人気です。

コミュニケーションなどメリットがたくさん

仮装で楽しむのはもちろんのこと、一緒にお子様やお友だち手作りをすることで、普段不足がちのコミュニケーションの機会も手作りや仮装を通して培っていくことができます。自分たちで手作りした衣装を着る楽しさも感じることができるでしょう。

また、手作りにすることで、他にはない一つだけの衣装としての喜びや、お友だちとお揃いのものを作る喜び、自分で好きなようにアレンジできる楽しみなど、市販のもので仮装したときに得られないものをたくさん得るメリットがあります。手作りすることで、創造力も刺激されます。今年のハロウィンは手作りから楽しんでみませんか?



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。