グローバルで戦っていくために日本人が身につけるべきコミュニケーション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
                

ビジネス 休暇 バカンス 旅行 地球儀 世界 地図 社会 地理 取引 行楽 観光 出張 環境 日本 空港 海外 国内 旅 外国 アメリカ 政治 ヨーロッパ 地域 トラベル 訪問 地球 戦争 アジア 市場 各国 天体 アフリカ 世界地図 グローバル 外交 オセアニア 海外旅行 紛争 クルーズ 為替 経済 国際 修学旅行 国境 国外 インターナショナル ツアー マップ 国際的 税関 ハネムーン 出国 入国 船旅 世界一周 移住 渡航 国 両国 新婚旅行 留学 株価 移民 卒業旅行 相場 世界経済 上陸 視察 国交 MAP 国土 海外留学 隣国 密航 同盟国 諸国 密輸 外遊 渡航歴 歴訪

世界を相手にコミュニケーションを図っていくためには、語彙力だけではなく、

多様な価値観や文化をもつ人々と協働するためのスキルが必要となってきます。

日本は島国であり、コミュニケーションについても独自の文化や慣習があります。

一方、海外で戦っていく上ではその文化や慣習が強みと弱みの両方をもたらしてしまいます。

グローバルな人材になるために必要となるその強みを生かす方法、

弱みを補強する方法についてご紹介します。

日本人の強みと弱みは何?

日本人がもつ強み

サラリーマン 会社員 営業 営業マン 社会人 ビジネスマン ビジネス 人物 新入社員 仕事 ガッツポーズ ポーズ 健康 フレッシュ 楽しい 喜び うれしい 嬉しい 成功 教育 達成 空 青空 勉強 仕草 元気 ウキウキ テスト 喜ぶ フレッシュマン 就活 やる気 人 成長 ビジネスイメージ ステップ 人間 夢 情熱 目指す 目標 チャレンジ 挑戦 上向き シルエット 大空 ゴール ジャンプ 跳ぶ 飛ぶ イメージ 太陽光 HAPPY ポジティブ 幸せ 幸運 未来 飛躍 グローバル 合格 跳ねる 躍動感 表現 解放 キャリア 回復 結果 昇る パフォーマンス 跳躍 ハッピー フレア 弾む 努力 成果 アクティブ 勝者 勢い 歓喜 ラッキー ジャンプする人 トップ 発展 向上 セールスマン 業績 ビジネスパーソン 理想 解決 右肩上がり 事業 エネルギッシュ 受験 飛び越える 達成感 良好 乗り越える 内定 右上がり サクセス 給料 売上げ 成績 景気 fly うきうき 起業 好調 最高 解放感 復活 るんるん モチベーション 高揚感 大喜び 出世 発散 意欲 経営 ボーナス ステップアップ ソリューション 上場 昇給 実績 昇進 売上アップ 勝ち組 成功者 好景気 サクセスストーリー 超える 越える イノベーション 復帰 楽観的 目標達成 躍進 有頂天 上昇志向 駆け抜ける 絶好調 JUMP ブレイクスルー SUCCESS キャリアアップ ブレークスルー

日本人が世界でも通用する文化や慣習の強みとはいったい何でしょうか?

日本人の特性としては、勤勉に働く、物事に対して細かに注意する、

何事にも丁寧に対応できる、和やかな職場環境をつくろうとする、

問題の分析を体系的に行う、品質を大切にすることなどが挙げられています。

世界に比べると、そのものの質を大切にし、細心の注意を払って努めるという

日本人らしい特徴ですね。世界の人から見てもこのように見えています。

日本人がもつ弱み

男 男性 会社員 社会人 若い 人物 日本人 20代 白バック 悩む ライフスタイル 屋内 ポーズ ポートレート 迷う カジュアル 私服 手 上半身 ヘアスタイル 表情 ジェスチャー 困る わからない 悩み 働く 黒髪 コピースペース 白 考える 人 グレー 手のポーズ 疑問 顔 アイデア 東洋人 アジア人 モデル 普段着 ハテナ 質問 ? 不明 はてな 考案 分からない 意味不明 ftd0005

逆に日本人が持つ弱みは何でしょうか?

例えば、コミュニケーションが苦手、自己表現が十分にできない、

「No」と言えない、働きすぎる、上下関係が激しい、

意思決定が遅い、必要以上に注意を払う、発言が回りくどい、などが挙げられます。

国会での会議の中継や実際の職場の様子を見て、「確かに」と思う部分はあるでしょう。

この弱みにより、「相手への意思疎通が十分に出来ず、何を伝えたいのか分からない」

日本人に対して、この意見が世界の人から見ても多く出ています。

しかし最近ではグローバル化が進み、この弱みを改善しようとその教育も進められつつあります。

では、この強みを生かしつつ、弱みを補強していくために、

子どもの頃から身につけていきたいコミュニケーションに焦点を当てて見ていきましょう。

しっかり自己主張できる能力を育てる

「あの子は自己主張が強い」と聞くと、

以前までは頑固でわがままのようなマイナスのイメージでしたが、

グローバルや社会では、自分の意見をしっかりと相手に伝えることができる

適度な自己主張の能力は大切です。

小学校高学年くらいからであれば、「あなたの意見を聴かせてくれる?」と聞けば、

自分の考えや意見を述べることもできるでしょう。

しかし幼児期からもこのトレーニングをすることができます。

それは『選択式質問法』です。

例えば、「今日は、黄色のシャツとお花柄のシャツ、どっちにする?」

「夜ご飯は、ハンバーグとカレーライス、どっちがいい?」など、

日常の生活の場で、すべてを大人が決め、与えていくのではなく、

子どもに考える時間を作らせ、自分の意見を主張する場を設けてあげるのです。

年齢に合わせて、選択肢を増やしてあげたり、少し難しい問題にして

レベルアップを図り、自己主張ができる能力を付けていくとよいでしょう。

「No!」と言っても大丈夫

青 快晴 選り抜き セレクション 選り 取捨選択 選定 チョイス 撰択 選び取る 採択 選考 どっち 葛藤 はい いいえ ハイ イイエ 答え こたえ 答 マルバツ まるばつ イエスノー 返答 背景素材 感情 気持ち 正解 迷う 標識 ひょうしき no 二択 矢印 やじるし 矢じるし 分岐点 分岐 分かれ目 わかれめ 岐路 道 道標 道しるべ 看板 案内板 ガイド 目印 人生 迷い 分かれる 進路 指導 表示 告知 計画 問題 解答 回答 クイズ 試験 ビジネス イメージ 青空 青い 空 雲 希望 将来 節目 分かれ道 進学 就職 未来 背景 壁紙 素材 コピースペース テキストスペース 余白 スペース yes 悩む 悩み 返事 困る 困惑 選別 選択 選択肢 イエス ノー 承認 否認 選ぶ

子どもは2歳過ぎから自己主張をしていくために、イヤイヤ期に入り、「いや!」「だめ!」など

自分の意思を明確に出すようになってきます。

何でも「No‼」と言っている時期は、まだ難しいのかもしれませんが、

何がいやなのか、どうしていやなのかを尋ねるようにしてみましょう。

3歳くらいからであれば、「〇〇だから。」と少しずつ理由を話すことができるようになります。

現代の日本人は「Noと言えない日本人」とも言われており、曖昧に返事をしたり、

適当に流してしまったり、「はい。」と答えてしまう人が多くいます。

日本では良いのかもしれませんが、これは世界では通用せず、

アメリカにおいては嫌がられる場合もあります。

「いやだ。」と言っていいんだよと、両親が声掛けをしてあげることも大切です。

それがわがままであるならば、まずは子どもの気持ちを受け止めた後に、

正しい方向へ持っていけるような配慮をしてあげると良いですね。

まだまだ幼児期は難しいのかもしれませんが、少しずつトレーニングのつもりで

試してみてください。

異文化が分かるような本を読む

男子 白バック 白背景 座る 女子 イラスト 本 子供 男の子 女の子 絵本 こども 子ども 友達 考える ホワイトバック 夢 あぐら イメージ 未来 胡座 外国人 白人 CG 欧米人 想像 合成 想像力 想像する コンピュータグラフィックス イマジネーション 将来の夢 mdmk031 mdmk032 mdmk033 mdfk038 mdfk039 コンピュータグラフィック CG06

グローバルコミュニケーションを身につけていくためにも、

世界の文化や生活を知ることで、のちのちの考え方や学び方にも違いが出ます。

日本の生活や慣習に固執されないために、小さな頃は異文化が分かる絵本(外国の絵本)、

小学校以降は本を読んであげたり、自分で読ませてあげてみてください。

それだけでも、世界への価値観が変わり、また自分の住んでいる日本についても

同時に学んでいくことができます。

こちらの「せかいのひとびと」は小さな子どもから大人までおすすめの絵本です。

色々な絵本や本がありますが、子どもの年齢や興味に合わせて選び、

ご家庭の本棚に並べておくとよいですね。

語彙力だけでなくグローバルコミュニケーションも身につけていこう

ビジネス 旅行 スポーツ 世界 社会 日本 海外 外国 試合 政治 国旗 日の丸 旗 トラベル 地球 シンボル 平和 戦争 各国 グローバル 外交 安全 輸入 海外旅行 輸出 貿易 経済 国際 ジャパン 人口 インターナショナル 国家 国際社会 国連 国際連合 組織 JAPAN 政府 国 国際問題 全国 サミット 先進国 マーケティング 政策 首脳会議 開催国 世界各国 同盟 国土 隣国 祖国 領土 加盟国 同盟国 敵国 国際試合 世界大会 本国 主要先進国 主要国

世界で通用していくためには、「英語」などの語彙力も必ず必要になってきます。

英会話教室や英語教材での学習もしなくてはいけませんが、

それだけではなく、相手を知っていくことも大切です。

相手を知るために、まずは自分を伝えるための自己主張能力を極めましょう。

そして、いろいろな書物やテレビ番組、実際に海外に行ってみるなどして、

世界の慣習や文化を学んでいければよいですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。