見つけよう!自分も大切にする子育て

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
                
塾で勉強する子どものイメージ

みなさんは子育て、教育についてどんなイメージをお持ちですか?子どもが好きで欲しくてたまらない!きっと楽しいはず!そんな風に期待を寄せている方も多いと思います。また、子どもを持つことによって自分の人生の価値観が大きく変わり、子育て自体が生きがいになっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし一方で、大変なイメージを持っている方も多いはず。たくさんのお金が必要になったり、自分の時間もなくなってしまいます。このような厳しさもあってか、周りでは結婚や子育てがめんどくさいという声があがっています。

今は、結婚や子育てをしなくても楽しいことが多く存在する時代です。自分のお金や時間を犠牲にしてしまうと考える若い人にとって、パートナーや子どもは必ずしも必要なものではなくなってきている気がします。こういったことが少子化につながっているのではないでしょうか。

かくいう私も、実はそんな不安を持った一人です。先日の妻の妊娠がわかり、うれしかった反面、一挙に不安なことが増えてきました。自分にはまだやりたいことがいっぱいあり、お金も時間もたくさん必要。もちろん、子どもができたことは嬉しいことだけど、いろいろなことをあきらめなきゃいけなくなるのかなあと、いろいろなことを考え始めました。

これからの子育て

しかし・・・決めつけるのはまだはやい!そう考えました。自分流の子育てを見つければいい。そう考えたのです。そこで、次の3つのことに重点を置き、子育てを勉強してみることにしました。

  • 経済性・・・いかにお金や時間を効率的に使い子育てをするか。
  • 育て方・・・これからの時代に必要な子育てとは何なのか。どう育てるべきか。
  • 相乗効果・・・子どもだけでなく、いかに自分や家族が成長していけるか。幸せになれるか。

子どもがいるからといって、必ずしも自分のことを犠牲にする必要はないはずです。むしろ、これをチャンスにいかに自分のことや仕事につなげられるか。自己成長していけるか。ということを考えるのが現代流の子育てなのではないでしょうか。今は周りが多くのモノやサービスであふれている時代です。視野を広げていろいろなものに目を向けてみましょう。そこにヒントがあるはずです。

教育は、プロではないのにも関わらず、みんなが口出ししたくなる分野だといいます。それだけみんなが教育に興味を持っているということでしょうか。多かれ少なかれどんな人であれ教育を受けてきたはず。だからかもしれません。しかし、やはり正しい知識は必要です。思い込みや経験則で判断するのはあまりいいことではないでしょう。だから私はしっかりと知識をつけていこうと考えました。

子育ても頑張りたいけど、自分のこともあきらめたくない。そんな欲張りな方、一緒に自分も大切にする子育てを探してみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA