お金は大事!ファイナンシャルリテラシーを身に着けよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
                

皆さんは幼い頃、お金についてちゃんと学んだことはありますか?この質問に対してYes!と言える方は少ないのではないでしょうか。これまではお金についての知識がなくても生きていくことのできる時代でした。しかし、会社のお給料も思ったように上がらず、自分の持っているお金を自分で運用しなければいけない時代に突入した今では、お金に対する知識というのはこれからさらに大切になっていくことでしょう。

日本人はお金儲けが嫌い?

日本人は昔からお金のことについて話すことをよく思わない習慣があります。「金儲け=卑しい」という思考を持ってしまっています。しかしこの思考は資本主義社会で生きていく私たちにとって、あまり良いこととは言えません。生きていく手段としてお金はとても大切であり、その知識をしっかりと身に着けていく必要があります。アメリカに優秀な起業家が多いのは、学生の頃からお金について学ぶ機会が学校などで用意されているからです。将来お金に苦労しないためにも、子どもに早期からファイナンシャルリテラシーを身に着けさせることを考えてみませんか?

ちゃんとお金の価値を知ろう

お金に対して真面目な日本人がネガティブなイメージを持ってしまう理由として、「お金=自分が贅沢するためのもの」という考え方が挙げられます。しかしこれはお金の本質ではありません。お金はその使い方によって、さまざまなことを実現する手段になり得るのです。世の中でお金持ちと言われる人たちは、お金の価値をちゃんと理解しています。逆に言えば、このお金の価値をしっかりと理解していないと、贅沢品などにお金を使い、有効活用できずに底をついてしまう可能性もあります。だからお金持ちになれないのです。お金の価値と、性質を子どもの頃から学ぶのは、将来お金を有効的に使わせるためにも大切なことなのです。

身近にお金にふれる環境をつくる

子どもが何にお金を使うかわからないから、という理由で子どもにはお金を渡さず、自分達で管理してしまうお父さんやお母さんも多いのではないでしょうか。たしかに、右も左もわからない子どもにお金を渡すのはとても勇気のいることです。しかし、そのような理由で必要な時だけ子どもにお金を渡すような習慣を作ってしまうと、子どもがお金のしくみを学ぶ機会がありません。お金の使い方のわからない子どもだからこそ、実際にお金を使わせて自分で学ばせる必要があるのです。

まずは少額からでかまいません。子どもがお金を向き合う環境をつくるために、ひとまずおこづかいをあげるようにしてみてはいかがでしょうか?

<参考>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA