お金

子どものお小遣いの管理はどうする?かしこい計画のしかた

子どもにお小遣いをあげていますか?友達がもらっているからお小遣い欲しい,買いたいものがある,あるいは親の方から,お金を使う事を学ばせるためにお小遣い制を始めた,など,さまざまな動機やきっかけがあるでしょう。大人は欲しいものがあっても,収入や予算,貯蓄などを考えて買うかどうかを検討しますが,子どもにはそのような概念・考え方を身に着けていません。
では,お小遣いを上手に管理して,賢く使う事を学ばせるにはどのようにしたらいいでしょうか。ここでは,子どものお小遣いの管理や使う計画を上手に学ばせる方法について,ご紹介します。

1 未就学児(5~6歳)向け

未就学児の場合は,数の概念への理解がまだ難しい年齢です。1から100までの数字が言えるようになったら,おおよそ100円程度のお菓子や文房具などの購入と,それ以上のおもちゃなどの購入に分けて考えるといいでしょう。100円~1000円までのお菓子や文房具については,購入する頻度も考慮しながら,必要なものを都度判断して買うようにして,1000円を超える金額の使い方を中心に,学ばせましょう。

(1)お小遣いをあげるタイミングは?

この年齢では,毎月お小遣いをもらって,貯めていくという感覚は持ちにくいようです。いろいろなイベントに合わせて,まとめて渡す形をとるというのがよいでしょう。例えば,お年玉や誕生日,入卒園や進学などのイベントで,お祝い金として渡します。

(2)管理は?
この年齢では,自己管理は難しいと思われるので,実際には親が保管するか,お子さん名義の銀行に入金するかの方法となるでしょう。または,図書カードなどの金券という形もあるでしょう。
(3)使う計画はどう立てる?
子ども向け番組やCM,子ども向け雑誌などで知ったり,お店で見つけたりして,欲しいものがはっきりしてくる年齢でもあります。しかし,自分の欲しいものがあっても,それが高額であるかどうか,あるいは予算と比較して買えるのかなど,価値感覚はまだ持てていないため,ある程度大人がサポートする必要があります。例えば,お年玉で1万円あげるとします。その1万円で,一年間何を買ってどれだけ貯めるのかを,子どもと話し合います。もし子どもが以前から欲しいものがあれば,今年はそれを買って,残りは貯金しようか?とか,あともう一つ,絵本を買おうか?という風に,提案型の話し合いがよいでしょう。


2 小学生低学年以上

小学生低学年以上になると,千,万の単位までの概念が分かり,お金を使うことについて理解がしやすくなります。お小遣いの意義や使う計画などを理解しながら学ばせる効果が期待できます。

(1)お小遣いをあげるタイミングは?
お金の計算ができるようになるため,買いたいものの金額に達するまでお小遣いを貯める,という目標設定と実行ができるようになります。毎月一定額をあげる場合や,お手伝いなどのご褒美としてのお小遣い,お祝い金,お年玉などがあるでしょう。
ただし,毎月小遣い制とする場合は,金額について十分に検討すべきでしょう。毎月お金をもらうということは,毎月それだけのお金を使う事も可能となりますので,使い過ぎが懸念されます。年齢に応じてお小遣いの額を決めましょう。

(2)管理は?
1万円単位の大きな金額であれば,大人が預金するなど管理して,子どもが自分で買い物などができるようであれば,数千円程度であれば自分の財布で管理させるなどもいいでしょう。ただし,日頃出かける際は,大きな金額は持ち出さないよう気を付けた方がいいでしょう。

(3)使う計画は?
お金の使い方が理解できてくるので,使おうと思えばいくらでも使ってしまうかもしれません。欲しいものがおもちゃだけでなく,スポーツグッズや趣味の物など種類や範囲が広くなってきます。そうすると,自分が買いたいものの優先順位をつけなければならないでしょう。
例えば,お年玉のうち1万円について,今年一年で,これとこれ,という風に計画したり,毎月のお小遣いで何かを買うなら,4か月分貯めてから買おう,といった計画もあるでしょう。
これらの計画は,ある程度条件を大人が提示して,子どもが意思決定できるのではないでしょうか。

いかがでしたか?子どものお小遣いについては,その額やあげるタイミング,管理や使い方などに悩まれることがあるかもしれません。これらの一例を参考に,子どもが積極的に考える機会をもってみてはいかがでしょうか?

いかがでしたか?設置場所や用途に応じて,さまざまな暖房器具がありますので,ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。



将来の教育資金の為に役立つ学資保険のすすめ。メリットやデメリットも踏まえて比較してみよう

子どもを授かって、その子の将来を考えていくと必ず教育資金が必要になってきます。自治体で相違がありますが、公立で考えたとして幼稚園で毎月2万弱、小学校で毎月8000円程、中学校で1万5000円程、高校で2万円程、さらに国立大学で入学費用と別に毎年50万円程かかり、学費だけでも750万円程かかることになります。さらに、これに加え給食費や雑費、習い事などの費用もかかってくるので、貯蓄を不安に思うご家庭も多いようです。そこでおすすめなのが学資保険です。将来の出費に備えて積立することができ、さらに利息がついて戻ってくることもあります。人気の学資保険、そしてその内容をご紹介します。

フコク生命<みらいのつばさ>

フコク生命の学資保険 みらいのつばさ 5年ごと配当付学資保険

キティちゃんでお馴染みの学資保険で、返戻率が高いことで人気を集めています。こちらは2つの保険内容があり、好きなプランを選ぶことができます。一つ目はステップ型で、3歳・6歳・12歳・15歳・18歳・20歳と入学や卒業の間にお祝い金があり、22歳になると残りの全額分が支払われます。二つ目はジャンプ型で18歳と22歳の高校入学と大学入学の時期に合わせて半分ずつ支払われます。さらに、他の保険と比べ支払日が11月1日と早く、早めに教育資金を手に取ることができます。大学などの受験前ですと色々お金もかかり、早めの支払が好まれています。また、兄弟割引があり、兄弟に入会すると保険料が安くなります。

メリットの多い<みらいのつばさ>ですが、こちらば保険料払込期間が17歳までと決まっており、前倒しすることや期間の延長などができません。また、ステップ型とジャンプ型を途中で変更することもできません。デメリットもしっかりと踏まえて検討してみましょう。ホームページで簡単に保険料の見積もりもできます。

みらいのつばさ|フコク生命の学資保険



JA共済<こども共済>

アンパンマンのCMで耳にするJAのこども共済も人気の高い学資保険です。こちらも2つのプランに分けられております。一つ目は学資金型すてっぷです。18歳から22歳まで毎年支払われます。共済掛金が100万円から1000万円まで選ぶことができ、給付率も100%を超えます。さらに、子どもの年齢が0歳から12歳まで加入可能で他の保険と比べると幅広くなっています。契約者の年齢も75歳まで可能で、おじいちゃんやおばあちゃんが孫のために学資保険をかけているご家庭もあります。

先進医療保障付きの医療共済を追加できるプランもあるのですが、返戻率は低くなります。また、加入の際にはJAの組合員に入らないといけない為、出資金が必要となります。出資金に関しましてはお近くのJAに相談してください。返戻率も高く、また加入者も多い学資保険ですので、おすすめです。

こども共済|JA共済

ソニー生命保険会社<ソニー生命の学資保険>

ソニー生命の学資保険は2016年のマザーズセレクション大賞に選ばれました。子どもたちが大好きなしまじろうがPRしています。この学資保険は珍しく米ドルで運用されており、のちの留学やロングステイの際はそのままドルでの支払い、もちろん円の支払もされています。また、それぞれの家庭での教育状況に応じて受け取る年齢や振り込みの方法、振り込みの期間などを細かく設定することができるのも特徴です。返戻率も高く、振り込み期間が短いほど高くなる仕組みとなっています。さらに、出生前の加入もできるので、妊娠が分かってからお子様の教育資金を積み立てていくことも可能です。

こちらは他の保険と比べてクレジットカード払いができず、また、前納や途中で一括払いができません。また、金利情勢により2014年にⅠ型とⅡ型は販売が停止しました。今販売されている3型も販売停止の可能性もあるようです。

学資金準備スクエア|ソニー生命保険会社

JPかんぽ生命<はじめのかんぽ>

 お子さまの未来を広げる学資金。(満期保険金・学資祝金)確実に、計画的に準備できます。かんぽ生命の学資保険 はじめのかんぽ

こちらは日本郵政グループの生命保険の学資保険です。「学資保険ははじめのかんぽ♪」と以前CMでも流れていました。3つのプランに分かれており、プランは「大学入学時コース」「小中高大学入学時コース」「大学入学在学中コース」とあります。それぞれ特約として、けがや病気で入院したときの医療保障もあります。振り込み期間が12歳、17歳、18歳までと選べるので、短い期間での支払も可能です。全期全納払いもできます。プランによって違うのですが、返戻率が他の学資保険と比べると少し低くなります。しかしそれ以上に選べるプランが多く、医療保障の特約もあるので人気の学資保険です。

はじめのかんぽ|JPかんぽ生命|日本郵政グループ

教育計画やご家庭の状況に合わせて学資保険を選ぶ

こちらでご紹介した学資保険以外にもたくさんの学資保険があります。それぞれのご家庭の経済状況やお子様の教育計画に合わせて、その見通しに見合った学資保険を選ぶことが大切です。たくさんの学資保険がありますが、全く同じ内容のものはなく、それぞれ特約や金額また支払の内容なども異なってきます。周りの勧誘などに流されずに、しっかりと調べたうえで入会の検討をすることをおすすめします。



価格の勉強!子どもと一緒に買い物をしよう

皆さんはニンジンは一本でいくらくらいするか、即答できますか?できない方も少なくないのではと思います。しかし、普段スーパーで買い物をしている主婦の方だったら即答できる方も多いはず。それどころか「あのお店は大体○○円で〜」など、店ごとや地域ごとの値段すらわかっている方もいらっしゃるかもしれません。このような値段の感覚を身につける大切なファイナンシャルリテラシーです。では子どもが値段の感覚を身につけるために、どんなことをすれば良いのでしょうか。

スーパーは学びの種がいっぱい

ご存知の通り、スーパーにはありとあらゆる食材、日用品がそろっています。何にどれくらいのお金がかかるのかを学ぶには絶好の場所です。子ども買い物に連れていくお母さんも多いかと思います。このような時に、ただ連れていくのではなく、値段やお金を意識するようにすると、何気ない日常が学びの場へと大きく変化します。ゲーム感覚で子どもの値段の感覚を養ってみてはいかがでしょうか。

ステップ1

「この商品はいくらでしょう!?」といった具合に、クイズ感覚で値段当てゲームをしてみましょう。繰り返していくうちに、徐々に商品の値段の相場を覚えていくことができます。

ステップ2

同じ商品でもA店とB店でなぜ値段が違うの?店による値段の違いに着目してみましょう。お店、流通の仕組みを知るヒントになるかもしれません。また、子どもに目当ての商品がどこにあるか、探させることにより、スーパーのどこに商品があるか見当がつけられるようになります。

ステップ3

同じカテゴリなのに、なぜAの商品は高く、Bの商品は安いのか。その商品の値段の理由などを深掘りして考えてみましょう。内容量生産国メーカーが工夫している点など、新たな発見が多くあるはずです。ビジネスに興味を持つきっかけになるかもしれません。

生活に必要なお金を知る

買い物にはお金のヒントがたくさんありますが、お金がかかるのはそれだけではありません。生活のあらゆるところにお金がかかっています。普段の何気ない生活の中で、子どもにそれを教えてあげるようにしましょう。電気代はいくらで・・・、水道代はいくらで・・・。生活にかかるお金を子どものうちから知っておくことはとても大切です。自分のおこづかいから、家のお金の収支、そして国や世界でのお金の回り方。徐々にミクロからマクロへお金の流れを理解していくと子どもにとってわかりやすいのではないでしょうか。

親は子どもに必要以上にお金のことを考えさせたくないものです。しかし、お金の性質を理解し、どのような支出は必要で、どのような支出が不要か、という考え方を子どものうちから学ばせることをおすすめします。

 

<参考>

定額制vs報酬制?子どもにあげるおこづかい

子どもにお金の価値や性質を理解させること、そしてお金の使い方を学ぶこと。すなわち、「ファイナンシャルリテラシー」を身に付けさせることの重要性は以前お伝えしました。しかし、具体的にどうすればいいのでしょう?

おこづかいを見直そう

まず大事なことは、子どもに実際にお金を使わせてあげることです。その第一歩として、おこづかいの渡し方について見直すことをおすすめします。子どもにおこづかいを渡す目的を明確にした上で、「自分のおこづかいで買わせるもの」と「親が買ってあげるもの」を親子のルールとして決めておくと、子どもにとってもわかりやすいのではないでしょうか。子どもにお金のマネジメント力をつけさせるためにも、徐々に子どもがお金を使う裁量を増やしてあげると良いでしょう。

定額制vs報酬制

おこづかいのあげ方として、主に「定額制」と「報酬制」の2つのルールがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので比較してみましょう。

⬛︎定額制

毎週あるいは、毎月決まったおこづかいをを渡してあげる制度を指します。一定期間で決まった額を渡すため、子どもにとってお金をマネジメントしやすくなるという点がメリットとして挙げられます。また、家族の一員なので助け合うこと、お手伝いをすることが当たり前のことだというメッセージにもなります。一方デメリットとして、必ずもらえることがわかっているため、忙しくなるとお手伝いをさぼってしまったり、ということが考えられます。

⬛︎報酬制

おうちでのお手伝いなどに対してご褒美として渡してあげるような制度を指します。お手伝いの量に応じておこづかいの額が変動するため、子どものお手伝いへのモチベーションを高めることができます。また、労働の対価としてお金をもらえるという感覚が身につきやすくなります。その一方で、おうちのお手伝い=お金のためにやること、という考え方になってしまうため、家族の一員としての責任感が弱くなってしまう可能性があります。

このように、定額制、報酬制、それぞれメリットとデメリットがあります。家庭の方針に合わせておこづかいのルールを設定しましょう。2つのルールを組み合わせるのも一つの手かもしれません。

段階的に導入しよう

いきなり高額のおこづかいを渡すのは不安、と思われる方も少なくないはずです。しかし、いきなり高額のおこづかいを渡す必要はありません。最初は少額から始め、年齢などに応じて段階的に増やしていけば良いでしょう。すでにお伝えしているように、子どものお金のマネジメント力を高めるために、できる限り裁量を持たせることが必要となります。
そしてもう1つ大事なことは、安易にルールを変更しないことです。一度例外を作ってしまうと、子どもにとってのルールが揺らいでしまいます。子どもに納得してもらうためにも、できる限りルールは一貫したものにするように心がけましょう。

何気なく渡しているおこづかいに、実は子どもが成長するためのヒントが隠れています。一度見直してみてはいかがでしょうか。

<参考>

お金は大事!ファイナンシャルリテラシーを身に着けよう!

皆さんは幼い頃、お金についてちゃんと学んだことはありますか?この質問に対してYes!と言える方は少ないのではないでしょうか。これまではお金についての知識がなくても生きていくことのできる時代でした。しかし、会社のお給料も思ったように上がらず、自分の持っているお金を自分で運用しなければいけない時代に突入した今では、お金に対する知識というのはこれからさらに大切になっていくことでしょう。

日本人はお金儲けが嫌い?

日本人は昔からお金のことについて話すことをよく思わない習慣があります。「金儲け=卑しい」という思考を持ってしまっています。しかしこの思考は資本主義社会で生きていく私たちにとって、あまり良いこととは言えません。生きていく手段としてお金はとても大切であり、その知識をしっかりと身に着けていく必要があります。アメリカに優秀な起業家が多いのは、学生の頃からお金について学ぶ機会が学校などで用意されているからです。将来お金に苦労しないためにも、子どもに早期からファイナンシャルリテラシーを身に着けさせることを考えてみませんか?

ちゃんとお金の価値を知ろう

お金に対して真面目な日本人がネガティブなイメージを持ってしまう理由として、「お金=自分が贅沢するためのもの」という考え方が挙げられます。しかしこれはお金の本質ではありません。お金はその使い方によって、さまざまなことを実現する手段になり得るのです。世の中でお金持ちと言われる人たちは、お金の価値をちゃんと理解しています。逆に言えば、このお金の価値をしっかりと理解していないと、贅沢品などにお金を使い、有効活用できずに底をついてしまう可能性もあります。だからお金持ちになれないのです。お金の価値と、性質を子どもの頃から学ぶのは、将来お金を有効的に使わせるためにも大切なことなのです。

身近にお金にふれる環境をつくる

子どもが何にお金を使うかわからないから、という理由で子どもにはお金を渡さず、自分達で管理してしまうお父さんやお母さんも多いのではないでしょうか。たしかに、右も左もわからない子どもにお金を渡すのはとても勇気のいることです。しかし、そのような理由で必要な時だけ子どもにお金を渡すような習慣を作ってしまうと、子どもがお金のしくみを学ぶ機会がありません。お金の使い方のわからない子どもだからこそ、実際にお金を使わせて自分で学ばせる必要があるのです。

まずは少額からでかまいません。子どもがお金を向き合う環境をつくるために、ひとまずおこづかいをあげるようにしてみてはいかがでしょうか?

<参考>

本当に必要?習い事リテラシーを身につけよう

塾で勉強する子どものイメージ

子どもが育つにつれ、親が考え始めるのが習い事。日本は習い事大国と言われており、一人あたりの平均数は2~3個と言われています。 習い事にかける平均的な費用は一人あたりで1~2万円と言われています。

本当に、習い事は必要なのでしょうか?習い事だってお金がかかります。せっかくお金をかけるからには子どもにとって意味のあるものにしたいですよね。一度習い事について立ち止まって考えてみましょう。ここでは親が身にみけておくべき“習い事リテラシー”についてご説明いたします。

子どもにとっての貴重な「遊び」

子どもにとっては習い事よりも、親と遊ぶことのほうが基本的には楽しいものです。そして遊びは子どもの成長にとってとても大事なことなのです。親たちは、子どもの成長を考えて習い事を始めさせることも多いようです。しかし習い事をすることよりも自由に外遊びをすることのほうが子どもの成長にとって必要だと唱える専門家も数多くいます。脳科学的にもさまざまな遊びをすること、体験をすることが脳の発達を促しているということも説明されています。したがって習い事を始めるということは、このように貴重な遊びの時間を子どもから奪ってしまうことになるのです。

それにも関わらず習い事をさせるということは、やはり「親がさせたいから」になってしまうのです。その認識を持ちましょう。あくまで習い事はオプションの一つであるという認識を持ちましょう。

習い事をすることによるメリット・デメリット

子どもに安易に習い事を始めさせてしまうお父さんお母さんが多いですが、習い事のメリットとデメリットをしっかり考えておくことが大事です。まずはそのメリットとデメリットを理解しておきましょう。

<メリット>

  • 日常生活では得られない新たな体験が得られる。
  • 将来の”引き出し“を増やすことができる。
  • コミュニケーション・友達が増える。

<デメリット>

  • 両親とふれあう時間を減らしてしまう。
  • 他の経験や遊びをする時間が減ってしまう。
  • 子どもにとってのストレスになり得る。

メリットは大きいものの、デメリットも無視できません。加えて費用面でも家計にとって大きな負担になることもあります。したがって習い事を始める際には、これらのデメリットをしっかりと考え、それでも始めさせる価値があるかどうかを判断する必要があります。まわりの親が始めさせているからといって無理に始める必要はありません。しっかりと子どもにとって本当に必要かどうかを考えましょう。

子どもがやりたいことが最優先

それでも習い事をさせたい!と思うお父さんお母さんも少なくないと思います。もし習い事をさせたいのであれば、まず、子どもの気持ちを優先することを考えましょう。

そして習い事の目的を考えましょう。目的が何になるかによって、始める習い事や、教わる教室、教わり方も異なってきます。

  • 子どもをプロにする。
  • 子どもに趣味を持たせる。
  • 将来子どもにとっての選択肢を与える。

たとえばプロにすることが目的であれば、英才教育をしているような教室のほうが良いです。また、教え方も小さな頃からピッチリと鍛えていくような指導法になるかと思います。子どもが大きく育つ可能性を秘めている一方で、スパルタのような厳しい教育により子どもにとって大きなストレスやトラウマになりかねません。また費用も趣味として習う場合よりも高くなりがちです。したがって、もし子どもをプロにする目的で習い事をさせたいのであれば親も子どもも強い覚悟を持つ必要があります。

日本の親は、子どもに習い事をさせることで安心感が得られる傾向にあるようですが、何のためにやるのかをしっかりと考えましょう。また習い事の教室にまかせっきりにするのではなく、親も常に子どもの成長を見守りながら一緒に習い事に向き合うことが大切です。

 

<参考資料>