2018年 7月 の投稿一覧

偏差値だけが基準じゃない。学校選びのポイント6選(高校編)

学校のイメージ

中学校まで公立校に通っていたお子さんにとって高校受験は「初めての受験」です。
今まで地域の学校に言われるまま通っていればよかったのに、いきなり志望校を決めなさいと言われれば、戸惑ってしまうのも当然です。
学校選びなんてしたことのないお子さんが大半なので、選ぶ基準が分かりません。

そこで、模擬試験などでお子さんの偏差値を基準に、その偏差値で行ける範囲で志望校を決めることが大半かと思います。

ですが偏差値だけで志望校を絞る必要があるのは、ぎりぎりで大丈夫です。
高校受験の場合、勉強のコツを覚えるのに戸惑っていた生徒たちが後半で一斉に学力を上げ始めるため、3年夏休みごろまでの偏差値はあまり役に立たないケースが多く見られます。

ここでは、偏差値基準ではない、高校の選び方についてご紹介します。

校風や雰囲気を学校選びの基準とする

どこも似たり寄ったりな公立中学校に比べ、公立私立入り乱れた高校は学校ごとにかなり特徴があります。
学校選びを偏差値基準だけで考えていると、本当に自分に合った高校を見落としてしまいます。

校風が一目でわかるのは、通っている生徒を見ることです。

たとえばその高校が繁華街にあるのか、閑静な住宅街にあるのか、駅から近いのか、自転車通学が多いのか、という立地の違いだけでも、志望してくる生徒の雰囲気に違いが出ます。
できれば平日、放課後の学校の近くを見に行けると良いでしょう。
下校した生徒たちが制服を着たままどんなふうに放課後を過ごそうとしているかを見ると、説明会では見られなかった学校の空気が分かってきます。

また、学校側も自分の高校の「特徴」を作るため、推薦でそれを意識した生徒の集め方をします。

高校を選ぶ際には必ず、学校説明会や見学会などに足を運び、実際の生徒たちを見て雰囲気をつかむことが重要です。

 

部活動を基準にする

高校での部活動を楽しみにしているお子さんの場合、どの学校にどんな部活動があるか、実際にどんな活動をしているのかを学校選びの基準と考え、調べても良いでしょう。

部活動紹介のページにある部活が、実際には廃部寸前で入学してみるとなくなっていた、などということもあります。
部活だと思って入ってみると、予算の付かない同好会だったというケースもあります。

また、高校の方針で文化系部活動に力を入れていなかったり、運動系部活は推薦の生徒ばかりだったり、ということもあります。
部活動が盛んそうだから、という理由だけで選ばず、中身にも目を配っておきましょう。

 

学科で学校を選んでみる

特にやりたいこともないまま学校選びをすると、なんとなく普通科を選んでしまいがちですが、高校には様々な専門科があります。
最近増えてきたのが、総合学科です。

総合学科では、普通科目と専門科目の中から自分で科目を選択し、必要な単位数を修得すると卒業できます。大学の単位を思い出してもらえばわかりやすいかと思います。
授業はクラスごとではなく、学科ごとになるため、専門学科の選択が始まるとクラス単位での活動は希薄になっていきます。
特に勉強したい専門学科のない生徒や大学進学を視野に入れている生徒は、そのまま普通科と同じカリキュラムを自分で組むこともできます。
自由である分、お子さんによってかなり向き不向きの分かれる学科です。

 

通学時間や通学コースを検討する

通学時間や通学コースはかなり重要で、これを学校選びのひとつ基準と考えてよいでしょう。
通学時間が長いとそれだけ、お子さんの自由な時間は減ります。
また、基本的に学校が嫌いなお子さんの場合、学校までの距離だけでうんざりしてしまって行きたくなくなってしまいがちです。

通学コースについても、途中の駅に繁華街が多いと、ついつい放課後遊びに出かけたりもするでしょう。
また、乗り継ぎが多いのも考えものです。

学校見学に行って「行くのが大変だったけど、まあ、これくらいなら」などと侮ってはいけません。通うのはたまにではなく、毎日です。
大人ならそれほど気にならない距離であっても、高校生にとってはきついかもしれません。
特に女の子の場合、あまり早朝の通学や、帰宅時間が遅くなってしまうのも、ご心配でしょう。

保護者会や学校行事等で保護者が学校に行くことや、地震などの災害があったときに、帰宅の手段があるのか、親が迎えに行けるのか、なども考慮しましょう。

塾の言いなりにはならない

全部の塾がそうではありませんが、大手のチェーン塾や、塾激戦地の個人塾などの中には「●●高校××名合格」の実績を作りたいと考えている経営者もいます。
そのため、お子さんの偏差値で攻められるところの受験を薦めてくるかもしれません。

塾の提示する学校選びの基準に、安易に乗らないようにしてください。

意欲的なお子さんの場合、偏差値の高いところに行くことが一番いいと考えているお子さんもいます。
ですが、ぎりぎりの成績で入ったとしても入学後、授業についていけるかどうかは別問題です。

校風などが気に入っているのなら、高い目標を掲げるのは良いことですが、偏差値や名門だからという理由だけで選ぶ必要はありません。

 

友だちの志望校云々で決めない

お子さんの中には、仲の良い〇〇さんと同じ高校に行きたい、××先輩が部活にいるからそこへ行きたい、という理由で志望校を決めようとするお子さんもいます。

ただでさえ受験勉強で忙しいのに、あちこち学校見学に行くのが面倒くさいから、学校選びの基準なんて考えてもわからないから、知っているところで済まそうと考えるお子さんもいます。
どこでもいいから、せめて知っている人のいるところ、なんていうかなり消極的なお子さんも。

けれど、これは言うまでもなく間違いです。
学校見学に行きたがらないなら、せめて多くの高校が一つの会場に集まる、高校の合同説明会にお子さんを連れ出してください。
気になったパンフレットを何校分かもらって帰ってくるだけでも、お子さんの中に「自分の進路を決めるんだ、自分の中に譲れない基準を作ろう」という自覚が芽生えるかもしれません。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。
高校3年間はあっという間ですが、密度の濃い時間です。
思春期真っただ中で、様々な問題も起こりやすい時期です。
偏差値だけを基準とせず、お子さんにあった学校選びができると良いですね。



「できるだけ」叱らない育児

親が子どものために環境を作る

教育評論家であり、尾木ママという愛称で知られる尾木直樹氏が一時期、様々なメディアで推奨していた「叱らない育児」の有用性はよく言われています。
もともとは、叱らない、というよりも「褒める」ことに主眼を置くもので、頭ごなしに叱らず、子供の自主性や意欲を尊重する考え方です。

ですが「叱らない」という部分だけが独り歩きしてしまい、わがままな子になってしまうのではないか、単なる放置ではないかという否定意見も根強くあります。

叱らずに済むならそのほうが、親子双方にとって良いに決まっています。

そこで、もう少しゆるく「できるだけ」叱らないようにする工夫や、心構え、叱らない代わりにどう注意すべきかなどをご紹介します。

「叱る」と「怒る」の違い

まずは単純に、叱らないのではなく、怒らない育児を目指してみてはどうでしょうか。

「叱る」と「怒る」は違います。
叱るは、あくまで相手のことを考えて注意をする延長にあり、怒るは、相手の行動で自分の感情を爆発させるものです。

育児は疲れます。
子供にはイライラさせられるし、何度言っても聞かないし、突発的にとんでもないことをするし。
ついつい、感情を爆発させてしまうお母さんやお父さんも多いと思います。
「子供を持つまで、自分がこんなにも怒りっぽいとは知らなかった」
という人が、大勢います。

迷惑をかけられている周囲に対するアピールとして、子供を怒って見せることもあるでしょう。

まずはそれをやめ、あくまで注意の延長線上にある「叱る」だけにするだけでも、効果はあります。

敏感な子供の中には、親の怒っているときと叱っているときで、態度を変える子さえいます。

まずは、怒らない。
怒りそうになったらぐっと我慢し、子供に対して注意をするよう心掛ける。
それだけでもだいぶ変わってきますよ。

「否定」のかわりに「肯定」を使う

かんたんに言うと「〇〇しちゃダメ!」ではなく「××しよう」と言い換えるものです。
例えば、ファミリーレストランで席を立ち歩こうとする子に対して「立っちゃダメ!」ではなく「座っていなさい」と言う。
触れてはいけない展示物などに手を伸ばした子に対して「触っちゃダメ!」ではなく「見るだけにしましょう」と注意する、などです。

子供に伝えている内容は同じですが、印象は変わり、子供の方も、頭ごなしに叱られたとは思いません。

選択肢を与える

一番言いがちな「早くしなさい」
これを言わないと、着替えないし、支度しないし、いつまでもだらだらとテレビを見て食事の席につかないし、お風呂に入らないし、寝ないし……。
子供をもって一番使うようになった言葉がこれだ、という人も多いのではないでしょうか。

あまりに頻繁に使う言葉なので、子供がすっかり慣れてしまい、言われたところで動じない、なんてことも。

これに関しては、時には選択させる方法で「早くしなさい」の代わりにする、という方法があります。

例えば、いつまでも着替えない子に「この青い服と赤い服と、どっちにする?」と聞いて選ばせる。
お古に入る支度をしない子に「お風呂が嫌なら、先に歯を磨こうか」と促す、等々。
やることは変わらないのですが、子供にある程度選択する余地を与えるのです。

命にかかわることは、叱っても怒ってもいい

道路に飛び出そうとする、他の子に手を出す、危ないものに手を伸ばす、高いところから飛び降りようとする、等々。
命にかかわることに関しては、叱っても怒っても、とにかくやめさせなければいけません。
脅してでも、させてはいけないことはあります。

危険な時にはとにかく、ダメだと言いましょう。

まとめ

子供を怒ったり叱ったりするのは、気力も体力も使います。
疲れるからほったらかしていおければいいのにと、誰もが思う時があります。
そんな時に現れた「叱らない育児」を都合よく解釈した一部の人たちが、しかるべき時でも子供を放置するような育児方法をとったため、叱らない育児は否定派を生み出したのだと思います。

けれど、叱らないでいられれば、子供にとって良いということはなんとなくわかりますよね。
だから、せめて怒らない育児を試してみてもよいのではないでしょうか。



実は教育にもいいマイナースポーツ

皆さんはスポーツというと、サッカーや野球、バスケットボールなどを思い浮かべるのではないでしょうか?しかし、スポーツの中にはあまり知られていないマイナースポーツが多々あります。マイナースポーツを通して子どもの知らなかった才能を見つけられる!なんてこともあるかもしれません。今回はそんな中でも特にマイナーな「スポーツ吹矢」についてご紹介します。

スポーツ吹矢をご存知ですか?

スポーツ吹矢をご存知ですか?

マイナースポーツではありますが、ダイエットや健康、老化防止によいということで新聞やテレビなどで取り上げられる機会が増えたため、ご存知の方も多いかもしれません。

スポーツ吹矢は、円形の的を狙って吹矢を吹き、得点を競い合うスポーツです、
全国各地に日本スポーツ吹矢協会の直営教室や、カルチャースクールなどがあるほか、無料体験会も頻繁に開催しています。

もしかしたら、地元のフリーペーパーや自治体のイベント情報コーナーなどで、スポーツ吹矢のイベントが掲載されているのを、見たことがある人も多いかもしれませんね。

このスポーツ吹矢、礼に始まり礼に終わることで礼儀を学ぶ、集中力を高める、さまざまな年代の人との触れ合いなど、教育にも良いのです。

子供から大人まで、高齢者や障がい者でも楽しめる

スポーツ吹矢は、口で加えた筒を吹き、中に入った吹矢を的に当てるという、単純なマイナースポーツです。
腹式呼吸ができれば誰でも同じ土俵で競い合うことができます。

高齢者や障がい者のためにもなるスポーツに触れ合うことになり、社会的な教育の場としても最適です。

 

健康増進に効果的

礼から始まり、一連の動作を終えて礼で締めるその流れの中心となるのは、正しい呼吸法です。

腹式と胸式の両方を用いた「スポーツ吹矢式呼吸法」により矢を放つのですが、ゆっくりとした動作の中のこの呼吸法が健康に良いと言われ、全体の流れが集中力を高めるのに効果的です。

集中力になんのあるお子様の教育効果も期待できるでしょう。

ダイエット目的や、老化防止で始める人も多いそうです。

スポーツが苦手なお子さんにもおすすめ

筒を吹いて、吹矢を的に当てる。
単純ですが奥が深く、やってみると、最初はなかなか思い通りにいかないかもしれませんが、的に当たり始めると、お子さんも楽しくなってくるのではないでしょうか。

矢を吹く瞬間の集中力が必要で、お子さんの集中力を高める訓練になるかもしれません。

また、スポーツが苦手、体育が大嫌いといったお子さんでもハンデなく行うことができるマイナースポーツなので、積極的にスポーツをさせたいが子どもが嫌がるといった場合でも、気軽に、スポーツに参加することで得られる教育効果を与えられます。

大会などもありますが、基本的には「さっきよりも的の中心近くに当てることができた」と、自分自身の達成感を目指すものなので、競争に委縮してしまうタイプのお子さんや、逆に過度に競争にのめりこみ、負けると落ち込んでしまうタイプのお子さんでも楽しめますよ。

まずは触れてみる

スポーツ吹矢の入門セットなどが販売されており、スペースさえあれば自宅でも楽しむことができます。

ですが、独自の呼吸法のコツを学ぶためにも、各地で行われている無料体験会にお出かけになることをお勧めします。
各地のスポーツ公園や市民体育館、市民スポーツセンターなどで開催されることが多いので、自治体の広報誌などをチェックしてみてくださいね。