2018年 6月 の投稿一覧

2歳から3歳にかけて、男の子の自主性を引き出す方法

自分から片付けをする男の子のイメージ

子供が2歳を迎えるころに誰もが経験する“イヤイヤ期”はわが子の成長において両親が経験する一つの壁といっても過言ではありません。何を言い聞かせても子供は素直に聞き入れることが無く、親の予測ができない行動や発言に日々、苛まれて気持ちが滅入ってしまう方も多いと思います。ただ、この期間も長く続くわけではなく、その先にある子供の表現力豊かな行動や、自己主張など多種多様な感性に繋がっているので、あまり考え込まずに乗り切りたいものです。この時期に子供の自主性を引き出すにはどうしたら良いか。考えてみました。

イヤイヤ期、自身との向き合い方

イヤイヤ期に関する心構えは端的に言うと、とにかく「イライラしない」に尽きます。
まずは子供の反応に「まるで自分自身が否定をされているような気分」に陥らないよう心がけます。子供には辛抱強くわかりやすい説明を繰り返し、時間がかかっても親身に接して、それでもだめなら一定の時間をおいてクールダウン、再チャレンジという流れのルーティンだったとします。

その流れの中でマイナス要素にばかり目が向いてしまいがちな場合もあります。「どうしてうまくいかないんだろう」「自分ばかり苦しんでいるのではないか」など。そのため日々、成長をし続ける子供小さな変化にも目を向けて、新しいことに挑戦する姿に「すごいね!」「やったね!」と背中を押すような言葉をかけることを心がけたいですね。子供に「自分にもできる」という気持ちを持たせつつ、「もっと、うまくできるかも」という希望を感じさせるような態度で接し、その先の自主性につなげてゆきます。

 

両親に求められる動機づけと共感力

3歳を迎える頃になると体力もつきはじめ、成長も目覚ましい時期に突入します。そして、いわゆる反抗期のはじまりです。保育園に通っている子では新年度を迎えると自主性を主眼としたプログラムが増え、急に大人っぽく見えてしまうこともあります。でも、子供はそんな急な変化に対応できないケースがほとんどです。例えば、お片付けもそのひとつです。子供は気の向くままにおもちゃで遊んで、元の場所へ戻さずに放置しておくと次に遊ぶタイミングで「見つからない!」と怒り出すことがあります。この時「片付けないからだよ!」と正論で返してもまったく効果がなく、そればかりか逆切れの可能性もあります。この時が“動機付け”のチャンスです。

「おもちゃで遊んだ後は元の場所へ戻す。すると次に遊ぶときも探す手間が省けてすぐに遊べる」というプラス要素を繰り返し教えます。同時に「片付いているとおもちゃを見つけやすいでしょ」という共感を促しながら、子供の自主性につなげます。“いまの行動が良い結果につながり、自分も周りも嬉しい”というサイクルを感じられるまで多少時間を要するかもしれませんが、親自身の共感力でそれを誘発し、自分自身も一緒に成長していることを意識できるとなお良いですね。

 

まとめ

この時期は両親やお友達の真似をしたがる年頃でもありますので自分自身の行動にもよく注意しておく必要があります。苛立ってつい乱暴な言葉を口走ったり、暴力的な行動に走ってしまうのは厳禁です。必ず子供はそれを見て真似をします。どうせ大人の真似をしてもらうのなら、普段から「パパはこんなことできるよ」など、さりげなくアピールし、子供の興味を引き出します。自主性を促すだけでなく、親自身の行動も大切な要素だと日々感じるところです。



男の子のイヤイヤ期、反抗期の乗り越え方!

男の子のイメージ

子供のイヤイヤ期をやっと乗り越えたのも束の間、今度は親子にとって初めての反抗期が訪れます。特に男の子をもつママのイライラはいつも沸点手前の状態。予測のできない行動や思いもよらぬ発言に日々、手を焼いてしまう方も多いのではないでしょうか。2歳から3歳にかけて目覚ましい成長とともに駆け抜けるような毎日を送る中で少しでも有意義に、そして楽しく乗り切るにはパパの人間力が試される時なのかもしれません。

出口が見えない2歳のイライラに滅入らないために

2歳の男の子はとにかく奔放です。自分の思い通りにならないと感情的になり、一度火が着くとなかなか収まらない場面も多々あります。1歳児に比べると大人の言葉がずいぶんと理解できるようになったとは言え、子供の方から何かを伝えようとするとまだまだ言葉の拙さでコミュニケーションが不十分なことの方が多いでしょう。

子供の無理な要求に親側からの代案をいくつ用意してあげても「ダメ!」「ヤダ!」と自分の初めの意見にこだわり続けて譲らない、という押し問答が続くことも多い、大変な時期です。これを繰り返していてはさすがにこちらも参ってしまいます。気持ちが滅入らないための親の心構えを挙げてみました。

1. あらかじめ子供に選択肢をあたえる

子供が駄々をこねることを予測しあらかじめ選択肢を用意しておく方法です。
例えば着替えの時、数着の候補を用意しておき、子供に選ばせるようにします。「これじゃない!」を言わせないための策です。

2.代案で自分のプレゼン力を試す

これは仕事にも通ずるかもしれませんが自分自身のプレゼン力を試す機会ととらえて、子供に提案をします。ある種のゲーム感覚を持って、心が折れないようにしましょう。

3. たまには好きにさせてみる

余裕のある場面ではとにかく子供の自由を無制限に解放してみましょう。お互いに気持ちが楽になります。イヤイヤ期の子供は自分ではどうすることもできない、出口が見えない状態に陥ることもありますので、こちらが導いてあげられると良いですね。

 

反抗期は自己主張の連続

3歳になると言葉もしっかりしてくると同時に体力もついてきます。
男の子なら戦隊ヒーローを真似てパンチやキックなどで大人にも攻撃をしかけてきます。自己主張の連続に応えるべく親のスタンスも2歳とは少し異なります。

1.じっくり丁寧に言って聞かせる

2歳の時も理解力が増した分、子供の目線になって分かりやすい言葉で注意します。もし叩かれた場合「そんなことしたら痛いよ」「された方は悲しい気持ちになるよ」「自分もされたらいやでしょ」など。子供の聞く力を養うためにも繰り返し行います。

2. わがままにはユーモアで応戦

付き合いきれない子供のわがままにはパパのユーモアで切り抜けましょう。子供の要求が通らなくて険悪な雰囲気になった時などに変顔や面白い動きなどで煮詰まった子供の気持ちをそらします。

3. 瞬間的判断はゲームの要素で

3歳の行動力と瞬発力には驚かされます。日々、成長する子供にこちらもゲーム性を持って付き合う場面があっても良いのではないでしょうか。この時期特有の瞬間的な子供の動きに反応する面白さを感じましょう。

まとめ

より良い毎日を送ることの尊さを感じること。実際は目の前のタスクをこなすことにばかりに集中しがちですが、気持ちにゆとりのない時こそユーモアを持って育児疲れを回避し、子供との良好なコミュニケーションを維持するというのが理想ではないでしょうか。特に男の子の場合、パパが助け舟を出すことが状況を打破するために不可欠な要素なのです。



【体験記】保育園で見出した男の子の強み

保育園に子供をあずける親としては園での集団生活に子供が適応できているかは常に気になるところです。家ではわがままを言い放題でとにかく手を焼かせる子供も、いざ登園してみると先生やお友達の前では一人前によそ行きの顔を見せたり、思わずこちらも拍子抜けしてしまいます。
送り迎えの折りに先生からのお話しを聞き、普段の様子をたずねたり、連絡帳を通じて報告を受けたりなど。日々の成長を感じる出来事はあれど、やはり他のお子さんと比べてしまうこともありますね。保育園での集団生活を通じて子供自身の強みを見つける方法を考えてみました。

 

集団生活は自分自身を見つめ直す最良の機会

保育園で同じクラスのお子さんを見て、ついついわが子と見比べてしまうことがあります。特に3歳児クラスになると自主性を促すために、様々な決まりごとが増え、慣れるまでに時間がかかることもあります。子供の性格や兄弟の有無も起因すると思いますが「できる/できない」の差が明確になりやすいのはたしかです。しかし、クラスメイトも誕生月によっては最大で約11ヵ月の開きがあることを考えると、親は長い目で子供を見て自主性を根付かせるための期間だと認識できるでしょう。
他の子と比べてもあまり意味はなく、ましてや「〇〇君はできてるよ」などの言葉は効果を得られることが少ないどころか、子供自身にネガティブな感情を抱かせる可能性もあります。競争相手としてのクラスメイトも視界には入れつつ、やはり最後は「人は人、自分は自分」。“できたこと”を褒めながら次の課題に移行する姿勢を見せ、子供を認めてあげることで自分を発揮することができるのです。

2~3歳時期の子供の好奇心は成長に比例して目覚ましいものがあります。とにかく大人のしぐさを観察し真似てみたり、テレビでみたワンシーンやフレーズを覚えていたり、驚かされることばかり。この時期に大切なのは「何ができるか」より「何に興味があるか」を数多く見つけてあげることかもれしません。持続して子供が打ち込める遊びを見つけることができたら、新しい観点で遊びを提案するなど、変化する子供の多様性を見出せるようになると良いですね。

 

子供の強み、自分の強み

 

統計によると父親が子育てに携わる時間はとにかく短いようで、家事の時間を除いても週平均で60分未満ともいわれています。この数字を見ても分かるように“子供と接する時間が短いがために発生するヒューマンエラー”が発生する可能性が高くなることも十分に考えられます。
子育てや家事に参加したくてもやり方が分からない。たまに参加しても戦力外の扱いを受ける、などの悩みもよく耳にします。

育児に関しても「ママの方がいい」など辛辣な言葉に傷つく父親も多いはずです。まずは子供の好きな遊びや食べ物、仲の良いお友達などを毎日の生活の中でリサーチして子供を理解しておきたいものです。可能であれば登園やお迎えのタイミングで先生にお話しを伺うことも良いですが、どうしても母親の方が話しやすい雰囲気を感じることもあるので、連絡ノートを活用することもおすすめです。

子育てに行き詰った時、同じ境遇の友人や自分の両親に相談をすることはメンタル面での強いサポートになります。特に共感を得やすい相手には何でも話せて安心感が得られます。“誰に相談するかで自ずと答えが決まる”とよく言いますが、子育てに関してなら「友人は共感。両親は俯瞰」という視点の違いがあります。

今の自分の苦労に共感してもらえるのはやはりパパ友、ママ友などの存在ですが、気兼ねなく話せる両親は特にありがたいものです。愚痴も洗いざらい話すと「お前が小さい時もそうだった」という言葉が返ってくることがあります。思わず「自分も同じ苦労をかけたのか」と申し訳ない気持ちになります。この「現在の苦労は自分だけのものではない」という俯瞰的な観点が両親の子育て経験から学び取れる最大のメリットかもしれません。

自分自身のルーツを知ることで気付く子供と自分の共通点。子供の強みを発見するプロセスが実は「親が自分自身の強みや特性に改めて目を向ける機会」と捉えると子育てがもっと多面的に見えてくるはずです。

 

まとめ

ある日、登園の折に数人の男の子がふざけて教室を飛び出していきました。
それを見かねた一人のお母さんが「誰が一番早く帰って来れるかな?よーい、ドン!」と声を上げました。すると子供は踵を返して教室にまっしぐら。私は思わず「…これだ」と呟いてしまいました。保育園は様々な友達と接する場でもあり、掃除に様々な大人に接する場でもあるのです。



【体験記】お台場のアネビートリムパークで遊んでみました!

アネビートリムパークの受付から見た様子

子どもってどんな遊びをするのが楽しいんだろう?そう日々頭を悩ませているパパやママも多いのではないでしょうか?そんな皆さまにおすすめ!ぜひお台場ヴィーナスフォートのアネビートリムパークに行ってみてください。ここには子どもにとって無限の遊びが提供されており、子どもの好奇心をくすぐるものが必ずあります。ここではそんなアネビートリムパークの魅力についてご紹介します。

 

アネビートリムパークってなに?

アネビートリムパークリムパークは幼児教育先進国である、ヨーロッパの遊具を取り入れていれて作られている子ども用のプレイランドです。お台場にあるヴィーナスフォートの中に入っています。

少し言いにくい名前ですがトリムはノルウェー語で「船体のバランスを保つ」という船舶用語でした。その用語が派生して、船から身体を意味する言葉に代わり、『心身ともに健やかな状態で、元気な日々を過ごすために自分自身を調整する(バランスを取る)』という意味になりました。(アネビートリムパークの公式ページより)ヨーロッパでは1960年代にそんな意味を持ったトリム運動が始まり、

コンセプトとして「みんなちがって、それぞれがいい」と掲げており、筆者もとても共感できる価値観を、入ってすぐに施設自体から感じ取ることが出来ました。子どもにとっては体も頭もフルに使って遊べる空間でした。また、子どもの自主性を伸ばす環境としても良いでしょう。

アネビートリムパーク公式ページ

 

ゲーム感覚!?自己管理教育をはじめよう

 

他のプレイランドとは何が違うの?

このアネビートリムパークは、他の公園やプレイランドと異なり、下記の4点のような特徴を持っています。

 

独創性が高く型にはまらない遊びを提供してくれる

日本の公園の遊具などは画一的で、どこでも見かけるようなものが多いですよね。その点、姉ビートリムパークは独創性が高く大人から見ていてもワクワクします。しっかりと北欧のクリエイティブなカルチャーを踏襲したプレイランドなので、他では出来ない体験ができ、子どもの好奇心は間違いなく刺激されるでしょう。

赤ちゃんから小学生まで幅広い年齢が遊べる

裸足で入る赤ちゃん用のスペースから、大きな子が遊べるアスレチックやサーキットまで本当に幅広く遊びが提供されています。もちろん年齢別にエリアが指定されているわけではなく、小さい子が少し大きい子の遊び場に行ったり、その逆もあります。とても自由度のある空間です。

 

1日では遊びきれないボリューム

ヴィーナスフォートの一部で外から見るとそこまで大きな印象は受けませんが、中に入るとそのボリュームに圧倒されます。おそらく1日で全てを遊びきることは無理でしょう。何度も訪れて、新しい遊びを見つけられる。そんな空間です。

アネビートリムパークの中の様子

いろいろなおもちゃや本を体験できる

子どもにどんなおもちゃを買ってあげればいいか、よく頭を悩ませることはありませんか?筆者もそうでした。しかしアネビートリムパークならさまざまなおもちゃや本が用意されているので、おそらく子どもの好きなものが見つかるでしょう。好きなおもちゃや遊びを探しに行く、という視点で行ってみるのもおすすめです。

 

アクセスと入場料

アネビートリムパークはお台場のヴィーナスフォートの一部です。お台場は家族向けの施設やショッピングモールが多く、たまの休日に行ってみるのも良いのではないでしょうか?

アネビートリムパークのアクセス

 

値段ははっきり言ってそんなに安くはありません。会員になったとしても1時間遊ぶだけでも、子ども1000円、大人1000円で合計2000円以上はかかってしまいます。(2018年6月現在)しかし、それでも気が向いたときに行く価値のある遊び場だと筆者は思います。子どもが普段の生活でふれられる遊びや世界は本当に限られていると思います。そのような日常で、時折このような子どもの好奇心や可能性を引き出してくれる空間にふれられると、子どもにとって大きな経験と財産になるのではないでしょうか。この入場料が果たして高いのか、安いのか、ぜひ一度足を運んで見て、体験してから考えてみてください!

アネビートリムパークの料金

子どもは刺激に飢えている!

私たちが思っている以上に、子どもは遊びや刺激に飢えているのではないでしょうか。そんな子どもの好奇心を無駄にしないために私たち親は何ができるのか。常に考えるようにしましょう。ぜひアネビートリムパークに行ってみてください!

おすすめの子ども用室内遊具とその選び方

部屋で遊んでいる子どものイメージ

子どもが成長すると、体を動かすことが好きになり、走り回ることも多くなります。子どものエネルギーは無限大です。雨の日でも子どものパワーを解放させてあげたい!そうお考えのパパやママのためにおすすめの室内用具と、その選び方についてご紹介します。

室内すべり台

室内で活発な子どもでも楽しめる室内すべり台は、男女問わず人気があります。天候や季節に左右されることなくいつでもお家で遊べるのが大きな魅力です。

選び方

置き場所とサイズを確認しましょう

室内すべり台の中にはジャングルジムやブランコ、バスケットゴールなどが付いたものがあります。

子供が遊具で遊ぶときは夢中で思い切り遊びます。

そこで、本体の大きさだけでなく例えばジャングルジムなら足を滑らせてしまった時、ブランコならスイングする前後の振れ幅、バスケットゴールなら外してしまった時など色んなケースを想定し滑り台の置き場所を考えましょう。

トランポリン

トランポリンは楽しく全身運動できる事でおなじみの遊具として世界中で楽しまれています。

特に子どもが使うことで、柔軟性やバランス感覚、身体の協調性が身につくといった、運動能力を高めるための効果があります。

ジャンプと着地をしながら次はどのような動きをすれば良いのかを考えるので脳にもいいといわれています。

選び方

トランポリンを選ぶときはまず使う子供の年齢が適切かどうかを見極めましょう。

2歳までならまだ脳内が揺さぶられるこ発達過程にはあまり良くないという見解もありますので、一般的には頭蓋骨がしっかりとできあがる3歳以降が始め時だとされています。

また、大きさに関しては子供用90センチと大人も使える100センチ以上のタイプがあります。機能性で言えばスプリングがしっかりしている、足の数が多いという理由から、100センチの方がオススメです。

「パパやママも一緒にしよう」と言われたり、万一着地に失敗し落下点がずれてしまっても大きめなら安心なので、お家の設置場所さえ確保できれば少し大きいかなというくらいでちょうど良いでしょう。

バランスボール

大人のエクササイズとしてテレビを見ながらなど”ながら運動”でお手軽に出来るアイテムとして有名なのがバランスボールです。

子供にとってはバランス感覚を養うと共に体を反らして体全体を伸ばしてストレッチすることで体の成長を促進する効果もあるようです。

選び方

色や柄はお好きなものでも構いませんが、選び方は大人用のサイズを選びましょう。あえて子供用のものを購入すると、小さくなってしまったり耐久性が低いです。

また、バランスボールは大きいのでその都度膨らませるのは親にとってはかなりの負担になります。そうそう空気が抜けてしまうものでもないので普段から膨らませたまま置いても邪魔にならないような置き場所があるかどうかを考え購入しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

こどもが室内でも遊べるような室内遊具は子供がしたいと思ったときに気軽に遊ぶことができる便利な道具です。

子供にとっては身体能力を高めることができますし、親にとっても遊具で遊んでくれることで体力的に助かるということもありとても効果的です。

しかし子供が安全に遊ぶためには親の環境づくりが不可欠です。是非安全面に気を配り楽しく遊ぶようにしましょう。

 

今夜から始める!子どもの朝寝坊克服法

子どもの寝起きのイメージ

「子供が朝なかなか起きてくれない」とお困りのパパやママはいらっしゃいませんか?朝なかなか起きてくれない上にまだ眠いので時にはグズグズと機嫌が悪くなってしまうこともありますよね。こうなると忙しい朝の時間や労力のロスになってしまいます。そこで、朝子どもがすんなり起きてくれるようなちょっとした朝寝坊克服法をご紹介したいと思います。

朝起きたときの楽しみを作る

「明日は遠足」「明日はお友達と遊ぶ」など楽しみがあればすぐに起きれるという子どもも多いのではないでしょうか?さすがに毎日このようなイベントは準備できませんが朝ごはんに好きなメニューを食べる、お気に入りの洋服を着るなどの楽しみを寝る前に伝えておきます。子どもは楽しみなことはよく覚えているものなので朝話しかけるよりも前夜から伝えることで自らすんなり起きてくれます。

スマホやテレビは就寝1時間前にはストップ

スマホやテレビからのブルーライトは質の良い睡眠に影響を及ぼします。また、スマホやテレビから情報によって脳が興奮状態に入ってしまいなかなかリラックスできなくなってしまうのも入眠の妨げになってしまいます。こうなると寝つきが悪くなってしまい、睡眠時間の割にはしっかり疲れも取れないないという状態になってしまい、朝スッキリと起きることが出来なくなってしまいます。

血行を良くする

お風呂でもストレッチでも構いませんが体の血行を良くすることで適度な疲れが睡眠の質を良くします。夏は暑いですが、出来れば39℃程度のぬるま湯に浸かるのもオススメです。人間の体は一旦温まったあと、徐々に体温が下がるときに寝床に入ると寝付きが良いように出来ています。子供の体を入眠しやすいように整えるのがポイントです。

夕食は満腹になり過ぎない

子供がたくさんごはんを食べてくれるのは嬉しいことですが、質のいい睡眠のことを考えれば満腹になり過ぎないようにしましょう。満腹で入眠すると今まで頭に集まっていた血液が首から下に集まり食物を消化しようとします。すると体内の消化器の機能を休ませるための時間が取りにくくなるため、体の休息を促す事が難しくなり、結果的に翌朝しっかり疲れが取れないまま目を覚ます事になります。日によっては少し夕食の時間が遅くなってしまったという場合もあると思いますが、そんなときは出来るだけ消化の良いものを選択すると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?方法は様々ですが、朝気持ちよくさっと起きるためには前日からの準備が欠かせないようです。大人は「仕事に行かなければいけない」「家事をしなければならない」など必要に迫られて起きることはできますが子供はなかなか起きるためのモチベーションを一人で上げることはできません。今回のようなちょっとしたコツで子供がラクに起きることができ、そのことによりパパやママの負担の軽くなるといいですね。

これからの時期が本番!トイレトレーニング成功術3選

トイレのイメージ

「子どものトイレトレーニングはどうやって進めていけばいいの?」そう考えるパパやママは多いと思います。一概に時期や進め方にルールはありませんができれば無理なくスムーズに進めたいものですよね。また、今から暖かくなる時期は比較的トイレトレーニングにも取り組みやすいという話もあります。ここではまずトイレトレーニングがこの気候のいい季節に最適な理由、またその成功例をご紹介したいと思います。

トイレトレーニングに取り組みやすい季節

トイレトレーニングに一番おすすめな季節は、気候のいい春から夏にかけてだと言われています。もちろんお子さんの発達状態や興味関心が最優先ですが、パパやママの負担になりにくいというのもひとつの理由です。

春から夏にかけては薄着になるので、トイレに行ってすぐにズボンやパンツを脱ぐことができたり、失敗してしまっても洗濯物が乾きやすいのでパパやママも負担も軽くなりますよね。家族みんなで根気よく取り組みやすい環境ということでこの時期がおすすめだと言われているようですね。

トイレトレーニングの進め方

トイレトレーニングの進め方はまず「おしっこが出た」という感覚を覚えることです。この感覚を覚えるためにはまず1時間~2時間ごとにトイレへ行き、おしっこが出る感覚をつかみます。これを繰り返していくとおしっこが出る前のムズムズ感もわかるようになってくるので「おしっこが出る」と事前に言えるようになってきます。

子供のやる気を引き出すには?

トイレトレーニングは子供のやる気が一番肝心です。そんなやる気が出てくるような成功例をご紹介したいと思います。

1.ほめる

これが一番の近道です。一番大好きなパパやママが喜んでくれる、ほめてくれるのは子供にとっては一番の喜びです。少し大げさかなというくらいでもいいので「すごいね!」とほめてあげるようにしましょう。

2.好きなパンツを買う

あえて先に好きなキャラクターなどのパンツを購入し、「出来たら履こうね」と目標を作ります。大人も子供も何かをする上でご褒美はやる気の源になります。

3.目標達成表を作る

例えば50~100個などのマスを作った表を作成し、トイレでおしっこが出来たらひとつづつシールを貼っていくという表を作ります。失敗してもこれを見れば「こんなに頑張ってるんだから大丈夫だよ」とこどもがくじけないようにサポートすることができます。

まとめ

いかがでしたか?トイレトレーニングをするとなかなか進まなかったりちょっと面倒になってきたり時にはくじけることだってあると思います。しかし今は教える立場の自分も記憶にないほど幼いころ、パパやママに教えてもらったと考えれば「次は自分の番だ」と頑張れるかもヒレませんね。

トイレトレーニングは根気のいるものですがその分出来たときの喜びもひとしおです!是非これからの春から夏にかけての時期にトイレトレーニングをスタートしてみませんか?