小さな頃から身につけたい お家で読書をつづけるコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
                
親が子どものために環境を作る

小さい子どもは何にでも興味を持ち、頭がやわらかいためすぐ吸収します。見聞きするすべての物は、子どもの成長にとても影響を与えます。子どもに読書をすすめるのはなぜでしょうか?それは、本を読むことで基本的な言葉を知り、内容から知識を得ることができ、情景を想像することで創造力が発達するからです。では、どういった習慣やコツがあるのでしょうか?

絵本を知る

まず、本を見ないと存在自体が分かりません。絵本をディスプレイして、見えるところ、手が届くところに置いたりして視覚的に分かるようにしましょう。親が本を読んでいる姿を見せるのも効果的です。たくさんの本を知って選ぶ楽しさも味わえるので、図書館に連れて行ってあげるのも良いでしょう。

毎日の習慣を作る

小さい子はまだ字が読めないので、親が読み聞かせをして本を読んであげましょう。日中子どもが元気に遊んでいる時はなかなか時間が取れないかもしれませんが、毎日お昼寝前や、夜寝る前に読むと決めて読んであげるととても喜びますし、何よりママの声で情緒も安定して過ごせます。良い親子関係のきっかけにもなるのでおすすめです。

テレビを見過ぎない

テレビは子どもの興味を引くように目から耳から次々に情報が入ってきます。刺激が多いことは悪いことではないのですが、集中して見過ぎて、言葉もなく黙々と見ることが多いはすです。一方通行な映像の見過ぎは、生身の言葉と心を豊かにすることはできません。テレビを消して、静かな環境でゆったりと本を見て楽しめるようにしてあげましょう。

年齢に合った絵本

小さい子ほど、発達の差があり、遊ぶものや絵本も色々種類が豊富です。赤ちゃん向けから、少し字が読める子まで本当にさまざまです。やはり年齢に合った絵本をチョイスして見せてあげるのが、発達に合って成長を促すようです。子ども自身も見て楽しめる本が良いですが、親が読んであげるのなら、少し上の年齢の本を読んであげるか、その子に合わせて言葉をやさしく言い直したりすると、聞きやすくてなお良いです。もし年齢が合わなくても、その子が見て気に入った本であれば、どんなに難しそうな本でも見せてあげることが本を読む楽しみにつながります。

まとめ

現代は、テレビやインターネットなど様々なメディアが多く情報社会ですが、ぺらっとめくる本の感じ、開いた後出てくる新しいページの心地良さなど、生身の本の良さ、絵や字の雰囲気を感じ取ることをたくさん経験することは大切なことです。毎日本を読むことで、感性が育まれて次の日も楽しみに迎えられることでしょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA